融資とファクタリングの使い分け!どんな時に利用するのが正しい?

混同されやすい「融資」と「ファクタリング」ですが、その性質上二つは全く違うサービスなのです。
事業者として二つの違いを理解しておくと、これから待ち受けているかもしれない金銭的トラブルにも咄嗟の対応ができるようになります。

いつでもクリーンな事業展開を望むのであれば、融資とファクタリングの違いを理解し、あなたの事業に活かしましょう。

融資とファクタリングの違い

これから事業を起こそうとした場合、または事業拡大を見据えている場合、元でとなる資金調達には【融資】を選択することが適しています。

銀行などに事業計画書を持ち込み、いかに利益を上げられるシステムを組み込んでいるのか、どれぐらいの時間で採算が取れるのかなどをプロモーションすることで多額の資金を融資してもらいます。返済計画も一緒に提案することで、事業に無理のない返済も可能となります。

しかし、融資には【利息】が発生し、返済期日は長期に渡るというデメリットが存在します。

既に事業を発進させていて、なおかつ売り上げも立てている状況であれば【ファクタリング】が利用できます。取引会社の支払いペーストあなたの事業ペースが合わず、売掛債権が溜まってしまうケースはよくあります。そんな時、売掛債権を売却し資金調達できるのがファクタリングのシステムになります。
売掛債権を発行できる事業体で、資金ショートで事業が回らなくなってしまった場合、売掛債権を現金化することで事業をクリーンな状態で運絵し続けることができるのです。

融資で得られるメリットとデメリット

disadvantages

融資はまとまった金額を都合するのに便利な金融システムです。銀行融資からヤミ金、果ては質屋にまで至る金融事業者から、担保となる物品・情報・事業を抵当とすることで資金を融通してもらえます。

しかし、担保によっては希望する金額に満たず、追加担保を示したりそもそも追加融資を受けられないということもあります。
また、融資は事前事業ではなく、利息による利益を求められます。年利率は法で定められていて、その割合の中でしか利率を変化させてはいけません。

もし法外な利率を提示する金融事業者がいた場合、利息を含めた融資額の返済は一切いらなくなります。
ただし、リボルビング方式の場合はこの限りにありません。

ファクタリングで得られるメリットとデメリット

ファクタリングは負債を背負わないという面が何よりも大きなメリットになります。事業を行う上で、負債の扱いはマイナス面が大きくなり、信用情報に傷が付いていく要因になります。負債を背負い完済することで信用情報は強固なものになって行きますが、事業負担になるのは間違いありません。

ファクタリングは売掛債権がなければ資金調達できません。売掛債権を売買し、権利譲渡することで資金を得られます。
早期現金化できる代わりに、そこには手数料が発生します。それがファクタリング会社の利益となり、それ以上の料金は一切発生しません。

使い時を見極めて適切な資金調達を

あなたの事業形態がどのようになっているのかを理解し、今最適な資金調達方法は何かを選択しましょう。

既に事業展開が進んだ上で黒字倒産の危機に直面しているのであれば、ファクタリングで負担のない資金調達をしてください。
これからの起業に向けて、事業拡大に向けての資金は融資を選び、ゆくゆくはファクタリングが事業のスムーズな回転に役立ちます。