ファクタリングとABLの違いとは?

昨今では、クラウドファンディングをはじめ、資金調達にも新たな手段が普及しはじめています。
また、ファクタリングは従来から存在している資金調達の仕組みですが、特にここ数年での利用件数は著しく増加しています。
しかし、ファクタリングとABLの区別がつかないという方もまだまだ少なくありません。
今回は、それぞれのサービスの違いについての内容を紹介していきます。

ABLとは?


そもそも、ABLの元々の意味は、「ABL Asset Based Lending」の頭文字をとっています。
ABLとは、会社で保有する原材料や商品を含む在庫や、売掛債権等の資産を担保とする融資制度のことです。
ABLを利用することで、不動産のような担保を所有していない企業でも、事業規模に対応した融資を受けることができます。

ファクタリングとABLの違いとは?


ファクタリングとABLはどちらとも、「売掛債権を対象」に「資金を導入」するという部分では共通点がありまですが、その内容や効果は異なります。
例えばABLは従来の融資とは異なり、担保の評価や担保資産の状況や・業績の報告、担保物件のモニタリングなどが必要になってきます。
もちろんファクタリングにはそのような項目がありません。
ファクタリングとABLではそれぞれ、利点も懸念点もありますので、どのような内容なのかをよく整理してから検討することが重要です。

利用する際のコスト面


ファクタリングは貸金業ではないので、「金利」という概念ではなく「手数料」となる点がポイントです。
つまり、ファクタリングで上限金利に抵触することはありません。
ファクタリングを利用する際に注意しなければいけないのは、2社間ファクタリングの場合は、一般的に手数料が高くなってしまうということです。

ファクタリングとABLの使い分け

ファクタリングが向いている債権

ファクタリングは、数ヵ月後に入ってくる現金が確定しているものを、前倒しで現金として手にする仕組みです。
一時的に早急な現金化が必要となり、3社間ファクタリングで売掛先企業が理解を示してもらえるのであれば、ファクタリングを導入にあたり、前向きな検討ができると言えます。
ただし、売掛先企業の承諾が得られない場合は、資金繰りに困っていることを公開してしまうだけになるので、注意が必要です。

ABLが向いている債権

ABLは売掛債権を担保に設定することによって、ニューマネーの導入を図るものです。
ファクタリングとは逆に、特に特定の債権が大口ということではなく、サイトも長くない場合、また資金繰り改善が目的である場合はA、BLの方が得策と言えます。
ABLは特定の債権ではなく、全債権を対象にするという特徴があります。

スピーディーな現金化が必要であればファクタリングを


ファクタリングとABLには、それぞれの良い面も悪い面もあるので、どちらが優れているということはありません。
しかし、早急に現金が必要なケースであれば、手軽に利用が可能なファクタリングがより効率的な手段と言えます。
現在の状況をしっかり把握し、目的に合わせて最善の資金調達手段を選べるように検討しましょう。