ファクタリングできる期間は「2年間」まで!?時効期間の存在を忘れるな!

売掛債権には「時効期間」があることを知っていますか?
この存在を知らずに請求書を送り続けていても、最終的に未払い焦げ付きという事態に直面してしまうのです。

支払いを求めるために取れる行動は少なく

  • 請求し続ける
  • 法的に請求する
  • ファクタリングする

これらの方法しかないのです。

この中で、最も効率的な債権回収方法としてあげられられるのが「ファクタリング」です。
その理由をご説明します。

請求し続けるだけでは債権回収にならない?

請求書を発行し続けることは、時効を先延ばしするために絶対に必要な行動です。「もう面倒くさい」などと考えず、必ず請求書は出し続けるようにしてください。

しかし、請求書はあくまでも取引のあった相手同士で交わされる書面であり、それだけでは強制力は一切発生しません。取引先が入金しなければ、いつまでも未払いのまま債権回収できないのが実情なのです。

そこで、請求書に支払いの強制力を持たせるために「法的手段」を用いて、取引先に支払い請求を立てるのですが、ここで大きな問題が出てくるのです。

法的に請求することの問題点

法的手段に則って請求を立てること自体には何も問題はありません。むしろ真っ当な手段といえます。
しかし、売掛債権の額面が乏しい場合、法的に請求すること自体がマイナスに働いてしまう可能性が出てくるのです。

例えば、売掛債権額が「10万円」だったとします。
この場合、司法書士や弁護士などの代理人に依頼すれば、依頼料だけで債権額を超えてしまいます。そのため、内容証明や支払督促という手段を講じますが、内容証明には強制力はなく、支払督促では時間がかかりすぎてしまうという問題点が出てくるのです。
少額訴訟として裁判を起こすというのも法的な請求に挙げられますが、裁判を乗り切れるだけの時間とコストを考えると、そこにかける労力は10万円では到底足りない負担を負わなければならなくなるのです。

もちろん、10万円が少ないというわけではなく、債権回収までの時間を考えた場合に割が合わないという問題だということです。

ファクタリングで債権回収が最も効率的だという理由

売掛債権を回収するまでに期間がかかりそうな場合、ファクタリングで早期資金調達するのはとても有効な方法です。
それと同時に、不良債権となってしまう可能性がある売掛債権を早期償却する方法としても、ファクタリングは有効な方法となります。

既に不良債権となってしまっているものの売買はとても難しく、取引先が一部上場しているなど余程の信用がなければ受けてはもらえません。
しかし、今後不良債権となってしまうかもしれないという「現状は優良債権」という状態であれば、大きな問題もなくファクタリングできるのが実際の状況です。

10万円の債権に対し、仮に30%のファクタリング手数料を差し引かれても「7万円弱」の回収が早期に見込めるのです。
時間をかけて法的に確実に回収することを考えるよりも、早期債権回収できるファクタリングの方が、あなたに及ぶ負担が大幅に軽減できてしまうのです。

事業としての資金回収はファクタリングにお任せ!

ファクタリング会社は売買後の債権回収はしません。
取引先が自発的に支払いを行う、または利用者に振り込まれた金額を利用者がファクタリング会社に納めることになり、この流れがあるからこそファクタリングは融資ではない健全な金策となるのです。

事業者として債権回収できない実態があれば、ファクタリングで早期償却に望みをかけましょう。
常に健全な事業体であることも、あなたの信用情報を確かなものにする要因の一つになるのです。