アパレル業がファクタリングをする理由とメリット

アパレル業はファストファッションから老舗のブランドまで、幅広い層にファンを持っている職種です。
しかし、成長を続けるアパレル業界でも、なぜ資金ショートが起きてしまうのでしょうか?
今回は、アパレル業でファクタリングが必要になる理由と、ファクタリングを活用するメリットについて紹介していきます。

アパレル業で資金繰りが必要な理由


アパレル業にで資金調達が理由は大きく分けて2つあります。
一番の理由は、金銭債権が現金化されるまでに時間を要することです。
アパレル業は、メーカーからの受注に応じるために、倉庫内で在庫を抱えなければならないケースが多くあります。

材料を仕入れて製造を行い、それをメーカーに販売するので金銭債権を受け取るまでにかなりの時間がかかってしまいます。
そのため、経営状態が通年良好な場合でも、一時的に資金繰りが悪くなってしまう可能性が出てきます。

二つ目の理由は、製造や在庫管理によって出てくるコストについてです。
アパレル業は流行や季節によって商品の変動が激しい業界です。
短期間で商品が入れ替わるので、仕入れが過剰になってしまうと販売見込みが立たない商品は在庫として残ってしまいます。

例えば、異常気象により気温や気候が例年と異なる場合、売り上げが予想より伸びないということも考えられます。
そうすると、在庫の管理費がかかってしまいます。

反対に、人気商品が飛び出して予想をはるかに超える売れ行きとなっても、今度は製造コストが予想以上にかかってしまいます。
どれくらい販売が可能なのかを予測し、可能な限り在庫を持たないように管理をしないと、余分な費用がかかってしまうのがアパレル業の特徴です。
このような要因があることから、アパレル業は資金がショートしやすい業種であり、昨今ではファクタリングが活用されてきています。

アパレル業でファクタリングを取り入れるメリット


アパレル業がファクタリングを活用するメリットも2つご紹介します。
まず一つ目は、資金ショートが起こった時でも、短時間で資金調達ができるという点です。
ファクタリングを活用すれば、例えば急な製造コストの増加があっても、素早く資金を調達して対応することができます。
こういったケースが多いアパレル業では、事業資金をすぐに確保できるのは大きなメリットになります。

二つ目は与信情報の管理ができるという点です。
アパレル業では、一つの衣服を一貫して製造していることはあまりありません。
多くの場合は工場に洋服の制作を依頼し、工場が受注するというシステムを取っています。
受注生産を行っている工場には取引先が多く存在しています。
それにより、管理する売掛債権も膨大な数になります。

そこで問題になるのが、取引企業の与信管理です。
与信管理を全て担当するのは中小企業にとって困難なことです。しかし、ファクタリング契約をすれば、与信管理から新規会社の与信調査も行ってくれるという大きな利点があります。

このように、アパレル業でファクタリングを活用することは、メリットが非常に多いということが言えます。

急なコストアップにも対応できるファクタリングでアパレル業は安定化できる


常に安定した製造コストで動いているときには、何一つ不安要素を持たずにいられるアパレル業も、為替の値動きによってコストに変化が生じたり、世界情勢の動きによって左右されるドル円相場などで不安定な製造コストに悩まされる場面があります。

資金ショートを起こす前に、ファクタリングを適切に採用する習慣をつけておけば、いつコストアップに直面しても焦らず対応できるようになります。