赤字でもファクタリングを使って黒字転換にできる?

経営が赤字続きになってしまっている場合、「もう資金調達できる方法が無い…」と諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか。
確かに、赤字だと資金調達をする際の審査は難しくなります。しかし、赤字だからこそ資金調達が必要になるとも言えます。
今回は、赤字でも資金調達する方法と、そこから黒字転換をするにはについてご紹介していきます。

ファクタリングで資金調達を


ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却することで早期の資金化を図る資金調達方法です。
売却する際に簡単な審査がありますが、主な対象は売掛先になります。ファクタリング会社が注視するのは、売掛先に支払能力があるのかが最重要です。
つまり、債権を売却する企業が赤字の状態になっていても、ファクタリング会社に影響はありません。

黒字転換するには


赤字状態が続く場合、当たり前ですが黒字化に向けて動くことが急務です。
もし赤字の状態がずっと続いた場合、債務超過になりかねません。
債務超過になると資金調達はできなくなります。
それでは、慢性的な赤字を解消するための方法をご紹介します。

赤字事業からの撤退

赤字を黒字転換させるためには、まず赤字事業を撤退することが先決です。
これは、会社の大切な役割として取り組んでいる事業なども含め全てです。
「大事な事業を守るために会社を潰してしまう」ことも、「会社の宣伝のための事業で会社を潰してしまう」ことも、どちらも本末転倒です。

在庫管理の徹底

赤字になってしまう会社によくあるのが、在庫の管理ができていないことです。
余分な在庫がある状態、つまり過剰在庫になってしまっていることがよく見られます。
在庫は存在するだけで、人件費や場所代、光熱費等の費用が嵩みます。

更に、それが過剰在庫の状況になってしまうと、余計に費用が発生します。
赤字を解消させるのであれば、在庫を必ず最適な量に整えなければなりません。
過剰在庫を防ぐ為には、商品の需要パターンや売れ筋、そして死に筋を把握することが重要です。

販売管理費の削減

赤字状態を黒字化させる為には、販売管理費の削減は不可欠です。
自社でできるコスト削減をするべきであり、販売管理費の削減を行う場合、その順序は、を変動費の見直し→固定費の見直し→人件費の見直し
の順であることが言えます。

変動費とは、販促費や仕入等の費用です。
売上いかんで費用が変動するため、変動費と言います。
固定費は会社を維持するためにかかるコストのことで、賃料や光熱費等があります。人件費は給料を指します 。

なぜこの順なのかと言うと、変動費は比較的大きな削減が見込めるため1番最初にきます。
次に固定費がくるのはそこまで大きくは削減できないからです。
そして人件費が最後に来るのは、削ってしまうと社員のモチベーションに関わるからです。

人件費が販売管理費の多くを占めていることがほとんどなので、最も大きな削減が期待できます。
しかし、会社が赤字で大変なときに社員のモチベーションが下がっていたらどうでしょうか。利益の拡大を考えることは難しいことが想定されます。
コスト削減は、正しい順番で行うことに注意が必要です。

有効な資金調達と運用方法で黒字化を


赤字から脱却するための方法をお伝えしました。
赤字の状態が続くと資金調達が難しくなると想定されるので、その場合はファクタリングを有効活用することが得策と言えます。
そして資金繰りが安定的な状態で、黒字転換に向けての活動に努めることが大事と言えます。