ファクタリングは不良債権でも買い取ってもらえる?

ファクタリングは、所有している売掛金を、ファクタリング会社に買い取ってもらい資金調達を行うというサービスです。
資金調達を利用するにあたって、どうせ売却するのであれば、回収不能となり不良債権になっている売掛金を出したいという考えの方もいるかもしれません。

しかし、ファクタリングでは不良債権を利用することはできず、売掛先から入金期日に確実に代金が回収できる見込みのある売掛金が対象です。
今回は、ファクタリング、サービサーと呼ばれる債権回収会社の違いについて解説していきます。

ファクタリングの対象と認められる債権とは


ファクタリングで買い取り対象と認められる債権は、支払い期日から遅延がない売掛債権(売掛金)です。
ファクタリングのサービス提供を行っているのは金融機関やファクタリング業者等ですが、その業者によって取り扱っているファクタリングの種類は異なります。

ファクタリングとひとくちに言っても様々な種類があり、主に資金調達の機会で検討されているのはフ「買取ファクタリング」になりますが、他のファクタリングについてもご紹介しておきます

保証ファクタリング

契約をした後に、売掛先が倒産・破産等をして売掛債権の回収ができなくなった際に、限度金額の範囲内で保証を受けることができます。売掛債権を保証する役割があるファクタリングです。

買取ファクタリング

主に資金調達としてポピュラーに利用されているファクタリングであり、売掛債権そのものをファクタリング業者等に買い取ってもらい、支払期日より前に現金化させて資金を得ることが可能です。

国際ファクタリング

取引先が海外である場合に売掛債権を保証するファクタリングで、従来の信用状よりも手続きが簡易であり、確実な代金回収ができることも特徴です。

債権回収会社(サービサー)とはどのような業務を行う?


債権回収会社は、法務大臣から許可を得ている債務の取り立て業務で、債権を買い取ってもらうことから、不良債権が回収されるのを待たなくても資金化させることが可能です。

対象となる債権は、下記の様な特定金銭債権です。

  • 金融機関等の保有している、またはしていた貸付債権
  • クレジットやリースの債権
  • 特定目的会社が流動化対象資産として所有している金銭債権
  • 法的倒産手続き中の方が所有する金銭債権
  • 保証会社や金融機関などが所有する求償債権
  • その他、政令指定で定めている金銭債権
  • 不良債権は利用できるのか

    2社間ファクタリングの失敗ケースの特徴
    ファクタリングと債権回収では、対象の債権や利用する機会などが大きく異なります。
    ファクタリングで特定金銭債権を利用しようと試みても、ファクタリング会社は買い取り不可となることもあり、反対に債権回収会社へ対象となる売掛債権を提示しても買い取りは不可能です。

    どちらも先に資金を得ることは同じですが、売掛金を期日よりも早く資金化させたい目的があればファクタリングの利用を。
    不良債権の回収を待たずに早期の資金獲得をしたいのであれば、債権回収会社を利用する。ということになります。

    緊急でまとまった現金が必要になった場合、資金調達手段としてファクタリングを検討することは有効な方法と言えます。どのような状況で、どんな目的なのかを整理し、慎重に資金繰りの選択をすることをおすすめします。