銀行系ファクタリング会社の特殊ファクタリングを上手に使う方法

銀行系ファクタリング会社では、次の特殊ファクタリングを利用できます。
いずれも、銀行系ファクタリング会社でなければ提供していない商品です。

  • 保証ファクタリング
  • 国際ファクタリング

しかし、銀行系ファクタリング会社には、審査に時間がかかるなどデメリットもあります。
デメリットを克服するためには、銀行系ファクタリング会社の上手な使い方を知っておくべきなのです。

銀行系ファクタリング会社独自のサービスとは?

銀行系ファクタリング会社独自のサービスとは?

銀行系ファクタリング会社の特殊ファクタリングには、大きなメリットがあります。
いずれも、ノンバンク系や独立系のファクタリング会社では利用できないことです。

相手の経営破綻のリスクに対応できる保証ファクタリング

ファクリングを利用する際のリスクのひとつに、さまざまなリスクがあります。
そのうちの1つが、取引相手の破綻で売掛債権が回収できなくなることです。

ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社が買い取る形で、資金を調達します。
にもかかわらず、その売掛債権そのものが回収できなくなるのが問題なのです。

保証ファクタリングとは、売掛債権が回収できなくなるリスクを、ファクタリング会社が負うものです。
破産手続きや特別清算、会社更生手続き、民事再生手続きの開始などが対象となります。

ただ、保証ファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社への手数料が必要です。
相手側の信用力によっては、保証ファクタリングが利用できないこともあります。

輸出代金の回収を確実に行える国際ファクタリング

海外企業との取引では、相手のは信用情報を入手しにくく、破綻リスクの把握が難しいという問題があります。
リスク回避のために利用するのが銀行の信用状ですが、発行には時間が必要です。

相手方の海外企業が、悪質なケースも考えられます。
その場合、わずかな書類のミスにクレームをつけ、支払いそのものを拒絶するケースもあるのです。

こうした問題に対処しているのが、国際ファクタリングです。
国内と輸出企業の国のファクタリング会社が協力し、輸出代金の支払いを保証してくれます。

海外のファクタリング会社と協力関係にあるのは、日本では銀行系のファクタリング会社のみです。
現時点では、国際ファクタリングが可能なのは銀行系の最大のメリットといえます。

銀行系ファクタリング会社活用の成功例

銀行系ファクタリングを利用して成功した企業には、ある傾向があります。
海外取引が必須の商社など、国際ファクタリングを利用している会社が多いということです。

ある商社の場合、輸出代金回収に不安を抱えていました。
このため、取引は前払いのみとしていたのですが、これが原因で取引が成立しないケースがありました。

海外の取引相手の中には、信用度が必ずしも高くないところもあります。
前払いなら確実に輸出代金が手に入りますが、後払いだと支払いに応じないことも考えられるからです。

国際ファクタリングの利用で輸出代金回収のリスクがなくなり、後払いもOKになりました。
ファクタリングによって実質的に入金が早くなるため、入金を急がなくても良くなったためです。

これによって、従来よりも取引が多く成立し、業績アップにつながりました。
今まで、後払いでなければダメだと言っていた企業が、取引に応じるようになったためです。

国際ファクタリングは、銀行系ファクタリング会社でなければ取り扱っていません。
独自のサービスを利用することが、成功につながったというわけです。

銀行系ファクタリング会社にはデメリットもある

銀行系ファクタリング会社にはデメリットもある

銀行系ファクタリング会社にも次のようなデメリットがあります。

  • 2社間ファクタリングができない
  • 手続きに時間がかかる

急ぎ運転資金が必要な場合には、銀行系ファクタリング は遅れをとります。

2社間ファクタリングができない

銀行系ファクタリング会社で可能なのは、3社間ファクタリングのみです。
2社間ファクタリングを行うことが貸金業に当たるかどうか、現時点では微妙だからです。

そもそも、経営母体である銀行は、貸金業者でもあります。
貸金業務に当たるかどうか微妙なものについては、本体の銀行でやれば良いと判断しているのです。

2社間ファクタリングの利点は、取引相手に利用情報が行かないことです。
3社間となると、業者を利用したことが取引相手に知られ、今後の取引にも影響が出かねません。

付け加えると、ファクタリングには貸借対照表に借入金を記入しなくてよい利点があります。
銀行系の場合は親会社に情報が筒抜けになり、この利点が失われる点も問題です。

手続きに時間がかかる

そもそもファクタリング業者を利用するのは、スピーディーに資金調達を行うためです。
資金繰りが苦しいとき、即座に売掛債権を売却して、資金を調達するのが目的のひとつになります。

スピーディーな資金調達という点では、銀行系ファクタリング業者は落第点です。
銀行での融資の場合と同様に、審査に時間は2~3週間ぐらいかかります。

銀行系ファクタリング会社には、手数料が安いのがメリットです。
そのメリットを作るためには、審査を厳しく行わなければならず、時間がかかってしまうのです。

審査に時間がかかるようでは、スピーディーな資金調達など望むべくもありません。
早期の資金調達という点で難があるのは、ネットの口コミなどでも目立つ意見です。

銀行系ファクタリング会社利用の失敗例

銀行系ファクタリング会社利用の失敗例も、一定の傾向があります。
審査が遅いことや、2社間ファクタリングができないことが原因というケースが多いことです。

ある建設業者が、銀行系ファクタリングの利用を検討していました。
金策を急いでいたのですが、銀行系の手数料の安さが魅力だったからです。

ところが、2社間ファクタリングを取り扱っていないことが問題になりました。
建設業の場合、債権譲渡禁止事項があることが多く、債権売却が相手に知られてはならないのです。

3社間ファクタリングの場合、債権売却は必ず取引相手に伝わります。
債権を売却したことを知られると、無効になってしまいかねないのが問題なのです。

付け加えると、銀行系ファクタリング会社の審査期間の長さも問題になりました。
金策を急いでいたので、2週間も3週間も待っていられなかったのです。

結局、この業者は銀行系以外のファクタリング会社を利用することになりました。
いくら手数料が安くても、問題が多すぎたケースだといえます。

銀行系ファクタリング会社の上手な利用方法

銀行系ファクタリング会社の上手な利用方法

銀行系ファクタリング会社は、独自サービスに絞って利用する方が良いのです。
早期の資金調達が必要な場合には、利用しないことが、上手な利用方法となります。

海外取引のために国際ファクタリングを利用

事業拡大のためには、海外市場に目を向けることは必須となります。
需要が頭打ちになっている国内市場だけでは、事業拡大に限界があるからです。

ただ、海外取引となると、取引相手の破綻リスクが把握しにくいなどの問題があります。
そもそも、日本語が通用しないので、語学面が不安というケースも考えられます。

そういう時に、国際ファクタリングを利用することで、輸出代金回収の不安が解消できるのです。
この国際ファクタリングは、銀行系でなければ取り扱っていません。

もちろん、銀行系ファクタリング会社にはさまざまなデメリットもあります。
デメリットを承知で、他に選択肢がないから、銀行系ファクタリング会社を利用するということです。

そもそも早期の資金調達には向いていない

もし早期の資金調達が必要なら、銀行系ファクタリング会社はオススメできません。
審査に時間がかかるので、そもそも早期の資金調達ができないからです。

ファクタリングの目的のひとつは、早期の資金調達です。
その目的にかなっていないのですから、独自サービス以外の利用価値そのものが疑問といえます。

また、取引相手にファクタリング業者の利用を知られたくないケースもオススメできません。
3社間取引しかできないので、必ず取引相手に利用が知られてしまうからです。

手数料が安いことや、独自サービスが利用できるというメリットはあります。
メリットを差し引いても、普段から利用するのはムリがあるということです。

銀行系ファクタリングで健全な資金調達を

銀行系ファクタリング会社には、手数料が安いというメリットがあります。
国際ファクタリングをはじめとする、独自サービスも取り扱っているのです。

しかし、審査期間が長いので、早期の資金調達には向いていません。
2社間ファクタリングがないため取引相手に情報が筒抜けになり、信頼関係が築けていない状態では、運営不振を理由に取引中止となる可能性もあります。

銀行系ファクタリングは、信頼を築いた取引先や海外取引など、用途を絞って利用するのが上手な使い方です。