黒字倒産回避にはファクタリングを利用することに怯えるな!

せっかく事業がたくさん舞い込んだとしても、取引会社の支払いペースとの兼ね合いが合わなければ、事業は成功できない状況になります。事業支払いが重なり、手持ち資金が不足することで督促を受ける羽目になります。
売掛債権はあっても現金収入がない場合、黒字倒産してしまうことも珍しくありません。特に、事業を立ち上げたばかりの場合はよくあることです。

そんな時こそファクタリングを有効活用すべきなのです。

黒字倒産の危険性って?

黒字倒産とは、売掛債権があっても現金が手元に入ってこないことで事業が回らなくなることです。これは、事業がダメになるという問題よりも、従業員への支払いや事業支払いができないという問題の方が近々の問題になります。
事業者として、従事者への支払い遅れは決して許されない行為です。そして、事業支払いが遅れれば、下手をすれば訴訟問題に発展してしまいます。

いくら帳簿上で黒字であったとしても、支払いが滞るようなら倒産するしかありません。その際、債権者に売掛債権を回収されてしまえば、手元には1円も残らないということになるのです。

黒字倒産を回避する方法

売掛債権があるならば、それは100%有効な財産が手元にあるということになります。しかし、そのまま倒産してしまった場合、受け取るはずだった売掛債権が入金されなくなってしまう可能性があります。

この危機を乗り越え、確実に現金を調達できるのがファクタリングです。

売掛債権がそのままであれば、資産価値はあっても利用価値は皆無です。支払い期日をすぎなければ現金は入りません。
しかし、ファクタリングで売掛債権を早々と現金化してしまえば、溜まっている事業支払いも消化でき、従業員への給与支払いも滞らずに完了できるのです。

これが事業者として最後の仕事となるかもしれません。しかし、一切の負債を抱えないまま事業を閉じることができる唯一の道になるのです。

ファクタリングしなかった場合に想定される状況

ファクタリングで資金調達できれば、身入りこそ目減りしますが事業を確実に回すことができます。しかし、もしファクタリングで資金調達しなれば、悩まなければならない状況に陥るのです。

事業支払いが滞り取り立てに追われる

事業支払いが滞れば、これまでにかかっている支払いが降りかかってきます。そして、督促期限が過ぎれば訴訟へと発展することが予想されます。
取引会社としては支払い先がなくなってしまうわけですから、支払い期日に支払う理由もなくなります。つまり、事業者の元に現金が入ってくる保証は一切なくなるということです。

ファクタリングで資金調達をしよう

個人事業主でも2社間ファクタリングが利用できるファクタリング会社がある

黒字倒産はとても勿体無い事態だということは誰にでも分かる状況です。
せっかくの財産をみすみす手放さなければならないわけですから、確実に現金を手に入れられる手段は絶対に使うべきです。

ファクタリングは事業を円滑にする最良の方法です。
クリーンな状態を保ちたければ、ファクタリングを有効活用しましょう。