融資とファクタリングの併用で運営資金をクリーン化

資金調達の問題は経営者の頭を悩ませる大きな問題です。そんなとき、融資とファクタリングを併用すれば、運営資金繰りの苦労を軽減できます。運営資金が豊富であれば、精神的にも余裕が生まれるのです。

一般的な運転資金の調達法としては、商品やサービスを提供して得られる利益と、公的、民間の金融機関からの融資です。

ただ、金融機関から融資を受ける場合、審査や手続きが必要となり、入金までの時間がかかる点が大きなネックです。そんなとき、即日融資も可能なファクタリングを併用すれば、運営資金をスピーディーに得られます。ヤミ金などに頼るより遥かにクリーンで、安全な資金調達ができるのです。

公的融資は融資までの期間が長いのでファクタリングと併用


融資にもさまざまな種類があります。たとえば公的融資として日本政策金融公庫や普通貸付や経営環境変化対応資金やIT活用促進資金などがあります。都道府県や市区町村など地方自治体による制度融資も、運営資金の調達で助けとなる制度です。

民間の金融機関による民間融資も資金調達の定番です。プロパー融資や、信用保証付き融資やビジネスローンがあります。

一般的に公的融資は民間融資と比較をすると金利も安く設定されています。ただ、審査がありますので、即日融資はむずかしいのです。一般的に融資まで早いといわれる日本政策金融公庫からの融資でも、3週間や1ヵ月程度はかかります。2回目以降だと1周間から3週間程度です。

民間の銀行でも、審査は早くて2日から3日はかかりますし、書類の準備期間も加われば実際の融資までは時間がかかります。銀行以外の金融機関ならl確かに即日融資のローンもありますが金利面で公的機関よりも高いことが多いのです。

公的資金は時間がかかる、ノンバンクだと返済がしんどいがとにかく早く融資を受けたいという場合、ファクタリングを併用すると効率的に運営資金を調達できます。ファクタリングでは売掛金をすぐに現金化できるだけではなく、公的機関やノンバンクより審査もゆるいですし、借金ではありませんから、リスクも大きくありません。

状況で融資とファクタリング併用して安定の資金調達


ファクタリングは、将来得られる利益を売掛債権をファクタリング会社などに譲渡することで、早くお金を得られます。ただし、ファクタリングを活用するには手数料が必要です。手数料は、2社間だと売掛債権額の10%から20%程度、3社間だと売掛債権額の1%から9%程度が手数料となります。

運営資金の調達の方法として、融資とファクタリング、どちらか選ばなければならないというルールはありません。長期的な運転資金や経営状態に余裕があるときは融資を利用し、融資が困難、資金繰りが厳しくとにかく早く資金が欲しいという場合などならファクタリングを利用すればよいのです。

融資とファクタリングを上手に併用するメリットは多い


融資とファクタリングの違いは、融資までの期間や手数料、利率も含め、仕組み自体も大きく異なります。仕組みを理解すれば、経営状態に応じて融資とファクタリングを上手に併用できます。そうすれば、運営資金の調達もスムーズに行えるのです。

資金繰りがよくなり、キャッシュフローにも問題がなくなれば銀行からの評価も高くなります。ファクタリングの活用では手数料も考えなければなりませんが、それでも、融資と併用するメリットはたくさんあるのです。