ファクタリング業界の手数料は適正なのか?ファクタリングの本質について考える

ファクタリングは一つの会社を利用していくことが有利になっていきます。そのため、他のファクタリング会社のことには疎くなっていき、実は今利用しているファクタリング会社では勿体無いということも出てくるのです。

実は、この事実に気付かない利用者は多いです。

継続利用で手数料の割合が下がっていくため、もし今乗り換えたところで、手数料がまた上がってしまうと考えると踏み切ることもできないというのが理由になります。これでは、せっかくの早期資金調達が可能であっても、少しずつ損をしてしまうこともあるのです。

そもそも、ファクタリングの手数料が適正かどうかすら怪しいものです。ファクタリングの本質を考えて、それに対する手数料が適正か考えていきます。

ファクタリングの本質とは?

ファクタリングは、期日まで現金収入が入らないことで困ってしまった事業者に対し、指定する手数料と引き換えに早期現金化できる金融サービスです。本来であれば、取引先の支払い期日まで入金されることはありませんが、事業を行う上で必要な経費の支払いには追われます。

相容れないこの2つの事実から、ファクタリングは事業者を助けてくれるのです。

ファクタリングの本質は、融資のような「貸借取引」ではなく「売買取引」であり、その場で全て完了できる金融取引です。一度契約を交わした後、面倒なお荷物がない取引だということを理解しておきましょう。

ファクタリングの手数料について

ファクタリングには、法律で決められた手数料の割合が存在しません。そのため、各ファクタリング会社で異なる手数料を設定しています。
一般的に2社間ファクタリングは【20〜30%】の手数料、3社間ファクタリングは【5〜10%】の手数料が設定される傾向にありますが、これは業界で足並みを揃える形になっているだけで、仮に抜け駆けするようなファクタリング会社が出てきたとしても、それを罰することもできないのが現実です。

例えば、通常20〜30%の手数料で行われる2社間ファクタリングを10%以下の手数料で行えるとなった場合、他のファクタリング会社よりも有利な条件で資金調達できるため、利用者は確実に殺到することになります。
しかし、足並みを乱したからといって違法性は一切なく、ファクタリング会社自身が背負うリスクが大きくなるというだけのことなのです。

利用者に有利な手数料は低いパーセンテージのものになり、より高いパーセンテージを指定するファクタリング会社では利益率が下がることを覚えておいてください。

ファクタリング手数料は適正なのか?

ファクタリングを行う上での手数料には、適正価格というものが存在していません
より有利な条件のファクタリング会社を探し、確実に手元に残る資金を確保してください。