ファクタリングを利用する事業者に共通する特徴

ファクタリングを利用する事業者には、一種の共通する特徴があります。決して特別なことではありませんが、意識的にファクタリングは後回しに考えられてしまう傾向が強い資金調達方法です。

しかし、その考え方を改めて頂きたい!

ファクタリングこそ、あなたの事業をよりスムーズに回転させるキーパーソンになってくれるのです!

ファクタリングを利用する事業者の特徴

ファクタリングを利用しようとする事業者の多くは、直近で銀行融資に失敗した経験を持つ事業者がほとんどです。
赤字決算や各種税金滞納により銀行融資が受けられず、最後の手段としてファクタリングにすがり付く事業者がとても多く存在します。

しかし、実際のところファクタリングは銀行融資よりも事業者にとって好都合な資金調達方法なのです。
それにも関わらず、多くの事業者はファクタリングを後回しに考えて借金を膨らませる方向で事業展開してしまうのです。

ファクタリングを後回しにする心理

古くから、日本には事業を行う上で資金ショートの際には融資を受ける慣しが存在します。
必要経費として申請しても100%要求が通る確証はなく、貸し付ける側の采配で金額を決定されてしまうこともまかり通っています。最悪の場合、貸付はされても法外な利息を提示され、元金の返済が一切できないまま返済させられてしまうことさえありました。

しかし、現在では融資には利用者自身の審査が必要であり、その審査に通過できない信用情報の場合、融資を受けることはできません。
商工会や銀行融資では特に審査が厳しく、ヤミ金へと融資先を落としていくのが通例です。

ファクタリングを利用せずに融資を選択する理由は「ファクタリング=手形取引」という誤解を持っているからなのです。

ファクタリングと手形取引の大きな違い

手形取引は事業者にとって警戒しなければならない取引の一つです。ファクタリングの商材として手形も存在してはいますが、今ここでお伝えするファクタリングの商材は売掛債権になります。
つまり、手形とは全く異なる性質の取引であることを理解してください。

まず、手形取引の債権発行者は取引相手であることを理解しましょう。
取引相手の都合で支払い期日などの変更、その保証書として手形を発行します。一般的に約束手形といわれるものです。
約束手形自体に強制力はなく、あくまでも金銭の支払い方法の変更を記した念書でしかないのです。銀行ではこの約束手形に対し、融資材料としての価値を見出していましたが、取引先からの支払いがなければ手形に記載されている金額の返済は利用者に被されてしまいます。

この内容をファクタリングと誤認識してしまうことで、多くの事業者がファクタリングを嫌厭してしまうのです。

売掛債権を商材とするファクタリングの場合、債権発行者は利用者であるあなた自身になります。
事業遂行の後、正当な報酬・対価として請求書を発行するわけですから、支払い根拠としては既に成立している状態です。仮に取引相手の都合で入金日が遅れてしまうとなった場合、ここで約束手形を発行してきますが、ファクタリングに約束手形は必要ありません

あくまでも正当な理由で請求を立てている請求書と、取引相手の信用情報さえあれば基本的な手続きは完了します。
入金日までに経営状況が芳しくないという理由でのファクタリングであれば、取引相手の信用情報にも一切心配する必要がありません。

なぜファクタリングなら安心して取引できるのか

融資とファクタリングの最大の違いは「後発生の料金が一切ない」ということです。

融資の場合、担保を用意した状態で金銭を貸し付けられ、毎月返済を行いながらも元金に対し利息が発生する金融事業になります。
この利息が利益となり、返済しきれない場合は担保を差し押さえられ返済に回されてしまいます。

ファクタリングには、この利息や担保、返済などが一切ありません
売掛債権の売買であり、早期資金調達のために指定された手数料を差し引かれるだけで、自ら何かを支払うという行動も不要です。
そして何より、ファクタリングに必要なのは取引先の信用情報であり、利用者の信用情報ではないというポイントが安心材料のカギです。

もし、今後事業を行う予定がない倒産間際の事業主だった場合、融資で資金を調達することはできません。
しかし、これまでの事業で現金化できていない売掛債権が残っていた場合、倒産後には回収がとても難しくなってしまいます。
そんな時、ファクタリングであれば全ての売掛債権を売却することで、まとまった資金を手元に調達できてしまうのです。

あなた自身が倒産の危機に立っていたとしても、ファクタリングは資金調達できる金策なのです。

融資を優先するよりファクタリングを優先すべき!

資金を調達するにあたり、最終的に手元に残る金額をしっかりと計算する必要があります。
利息を取られながら返済を続ける融資では、下手をすると総額50%に近い利息を返済しなければならないケースも少なくありません。

取引が瞬時に終わり、手数料もしっかりと取り決められたファクタリングであれば、手痛い出費もありません。
年利16%、5年支払いなどと細かい返済を提示され、最終的に大きな支払額を納めるよりも、負債のないファクタリングで資金調達することをおすすめします。