建設業がファクタリングをする理由とメリット

建設業は、営業を行うための手続き等が非常に複雑な業種です。
29種類の工事の業種ごとに、国土交通大臣または都道府県知事から営業許可を取る必要があります。
そのような建設業は事業の特性上、資金ショートが起きやすい事業でもあります。
そこで今回は、建設業でファクタリングが必要になる理由と、利用するメリットについて紹介していきます。

建設業で資金繰りが必要な理由


建設業は、典型的な受注請負産業という特徴があります。
発注者からの注文を受け、発注者の注文に沿って個別の建造物を造り、完成したものを発注者に引き渡すという流れです。

そのため、労働力などを自社で固定的に保有するよりも、工事内容に応じてその都度外部から確保することにより、固定費の抑制をすることが得策とされています。
専門性が必要とされる複雑な工事に対して、効率的かつ効果的な施行をするためにも、こうした取り組みが進められています。

建設業にはこのような独自のシステムが存在していることもあり、工事期間も建築物に合わせて様々です。
工事期間が一年を超えることも珍しくなく、引渡しまでの期間が長期化する傾向もあります。
対価が発生するのは引き渡しのタイミングであるため、受注から引き渡しをするまでの期間はお金を受け取る事ができません。
そのため、建設業は資金繰りが非常に難しいと言われている職種です。

加えて、建設業は元請会社の下に更に一次下請、二次下請、三次下請と会社が連なっています。
その関係性の中で、一社でも資金繰りが厳しくなり倒産してしまうと、その更に下請の会社の資金繰りにも影響を与えてしまい、最悪の場合は連鎖倒産が起こることもあります。

このような事業特性により、建設業において資金繰りはとても懸念されている部分です。
この不安要素を改善するために、ファクタリングが多く活用されています。

建設業でファクタリングを取り入れるメリット


建設業においてファクタリングを活用するメリットは大きく2つあります。
それは、取引先の倒産や貸倒れのリスクを回避できることと、自社の与信管理が不要になるという点です。

建設業のファクタリングは、基本的に保証ファクタリングと呼ばれています。
この保証ファクタリングを活用すれば、取引実績のない会社に対しても貸倒れのリスクを避けながら新規取引が可能です。
加えて、ファクタリング会社が申請をした会社に代わって与信管理を行ってくれるため、与信管理にかかる事務作業のコストや手間を削減することができます。

つまり、工事完成までの期間が長い建設業の金銭債権回収リスクを回避することが可能になります。
また、元請が新規取引先という場合には、与信調査のアウトソーシングにもなるというメリットがあります。

このように、建設業はその事業特性から資金調達がとても重要な職種です。
そしてファクタリングを利用することにより解決できるメリットがあるので、ファクタリングの活用は有効な手段と言えます。

事業収益が大きな建設業はファクタリングが有力な資金調達方法


建設業界とファクタリングは、切っても切れない間柄です。銀行融資には限度額がありますが、売掛債権さえあればファクタリングはできます。しかも、資金調達した後に残る負債は一切ありません。一度に動く金額が大きい建設業界だからこそ、ファクタリングはとても優秀な資金調達方法となるのです。

材料費の確保は当然ですが、実際に稼働する人夫賃の確保ができなければ建設現場は動きません。ファクタリングを最大限活用し、事業達成を目指してください。