建設業界におけるファクタリングの在り方と成功一例

あらゆる業種の中で、ファクタリングの利用機会が多い業種をご存じでしょうか。
実は、利用率が最も高いのは、建設業です。

今回は、建設業界のファクタリング利用率が高い理由と、実際にファクタリングを利用した成功例についてご紹介していきます。

一回あたりの取引高が高額である


建設業界でファクタリングの利用率が高いのは、どのような理由があるのでしょうか。

建設業界では、資材や人件費などのコストを先払いし、入金は後日のタイミングになるというケースが多くあります。
1回の仕事の売上高も上がりますが、そのぶん原価も高額になります。
そのため、原価を先払いする機会が多くなると、資金繰りが悪くなるという状況に陥ってしまいます。

融資の場合だと、お金を借りるまでに1か月以上の期間が必要になるケースが多いことから、特に昨今では建設業界でのファクタリングが導入されています。
原価がそれほどかからず、資金繰りが安定している事業であれば融資も積極的に活用されています。
しかし、建設業界ではその条件に該当することがなかなかありません。

よって、すぐにお金が必要になる建設業界で、最短即日にも入金されるファクタリングが利用されるケースが増えているのです。

手形の不渡りリスクを回避できる


もう一つの理由は、リスクヘッジをするためです。
建設業界では、手形で支払いを行うケースがあります。
手形を所有していたにも関わらず、元請会社が万が一倒産してしまった場合、手形が不渡りの状態になると、下請けの会社も影響を及ぼします。

そこで、ファクタリングを使ってこのリスクを回避することが可能です。
ファクタリングの場合は手形とは異なり、売掛金を売却した時点で、元請会社が万が一倒産した場合でも支払義務は発生しません。
従って、資金調達が完了した段階でリスクヘッジすることができるのです。

以上のような、「取引高が高額」、「手形の不渡りリスク回避が可能」という理由から、建設業界でファクタリングの利用機会が増加しています。

建設業界でのファクタリング利用成功事例


それでは、建設業界でのファクタリング成功事例はどのようなものがあるのでしょうか。

ある建設の下請け工事を受注していましたが、複数ある下請け会社のうちの一社が倒産し、急遽の対応として増員や車両の確保が必要になりました。
利益率は良い案件でしたが、支払いサイクルが遅く、追加でかかる費用は、ショート確実の状態でした。

売上入金は6ヶ月後でも、従業員の給料はもちろん発生します。
建設業の経費は半分以上が人件費なので、キャッシュフローがとても重要と言えます。

そこで、時間のかかる銀行融資ではなく、ファクタリングを選択しました。

今回は、取引先へ通知される心配がない2社間ファクタリングを申請しました。
その分手数料は割高になりましたが、銀行融資の方も1ヵ月あればも間に合うため、中長期的に見れば安定するという判断でした。
着地として事業は安定し、ファクタリングにかかった手数料を引いてもプラスに転換した会社がありました。

こちらが、ファクタリングを有効活用した事例です。
手数料の相場は、2社間ファクタリングで約20〜30%、3社間ファクタリングで約5〜10%程度の設定をされることが多いです。
この手数料を鑑みても利益が出るかが、ファクタリングの申請をする時に重要と言えます。

このように、「仕入れの金額さえ資金調達がクリアできれば売上が見込める」という会社であれば、ファクタリングは非常に有効な資金調達手段と言えます。