ファクタリング成功例〜司法介入で成功したファクタリング〜

資金ショートのために利用する方が多い中、今回ファクタリングしてくださった企業様は「焦げ付きの恐れがある取引先からの確実な資金回収」を目的としたご利用でした。
ファクタリング会社としては、ハイリスクな取引は極力避ける方向でことを進めますが、確実に支払いが行われる確証があるならば特別回避する理由がなくなります。

今回はそんなハイリスクな取引を上手くプレゼンしてくださった企業様のお話です。

焦げ付き寸前の売掛金630万円の請求書をファクタリング成功させた経緯

今回は支払い総額630万円という大きな金額をファクタリングされましたが、この請求書自体は本来焦げ付き寸前の請求書だったそうです。しかし、今回の利用者様は絶対的な方法を提示して頂いたため、時間はかかりましたがファクタリングさせていただく運びになった次第です。

その絶対的な方法についてご紹介します。

取引先からの支払いが不確定だった

取引先は比較的大きな事業体であり、問題ない状態であれば二つ返事でファクタリングさせて頂くような企業様です。しかし、ファクタリングに持ち掛けられた売掛債権は「2ヶ月前の債権」という部分で引っ掛かりました。

通常の支払いペースであれば、既に入金されていなければならない債権であり、ファクタリングには適さない危険な取引になってしまいます。この時点で詳細な情報がいただけていなかったため、一度打ち切らせて頂く流れでお伝えしました。

信用情報を再度提示された

同じ売掛債権で再度ファクタリングを依頼され、その際に利用者様の信用情報取引先企業の信用情報を提示されました。
本来、2社間ファクタリングを依頼されているため、取引先企業の信用情報の開示は難しいです。

しかし、この利用者様は取引先企業を巻き込んだ状態で2社間ファクタリングを利用する運びになったのです。

再依頼もお断りしました

取引先企業様の信用情報を提示いただきましたが、そもそもの支払い期限を経過した売掛債権に信用がなく、少しでもリスクが多く残る取引はお断りしています。

結果的に2度目のファクタリング依頼もお断りさせていただきました。

支払い期日を延長した状態での売掛債権への変更と念書

3度目の依頼をいただきましたが、既に2度お断りしていることから今回もお断りの連絡を入れる予定でした。しかし、これまでの内容とは違い「支払い期日は翌々月末」と変更され、「必ず期日を守り支払いする」旨の取引先企業からの念書も添付されていました。

この時点で「なぜそこまでこの売掛債権をファクタリングしたいのか」というところに興味が移りました。

業績不振で支払い遅れがあった事実を告げられる

取引先企業の業績不振があり、本来であれば2ヶ月も前に支払いが完了していて良いはずが、現時点までずれ込んだという旨を利用者様より伝えられました。しかし、現在は業績も微上傾向にあり、翌々月末には支払える目処がついているということでした。

利用者様としては、この売掛債権が少しでも早く現金化できなければ自身の事業の支払いが円滑にならないという状況(既に滞納している分もあったといいます)であり、多少手数料を支払ったとしてもすぐに現金が必要であるとのことでした。

裁判所介入での支払いの確約

利用者様も背に腹は変えられないということもあり、簡易裁判所を介入させた状態で念書を作成してきました。債務整理などではなく、請求に対する支払い確約の書面を作成することで、今回ファクタリングをかけている売掛債権に強制力を付加させたのです。

売掛債権への与信を確保したことでファクタリング成功

通常のファクタリング取引において、司法介入は滅多に利用することではありませんし、実際今回が初の事例となります。しかし、司法介入という絶対的な強制力が付加されたことで、ファクタリングを拒否する理由が一切なくなったことで、今回の取引は成功につながりました。

利用者様も資金ショートしている状態で、もうこれ以上耐え切れないところまで追いやられていたからこそ、ここまでこの債権に対し本気で向き合えたと思います。

売掛債権の支払いに対する信頼性があれば、ファクタリングを拒絶することはありません。本気で今すぐにファクタリングを成功させたければ、与信について今一度見直してみてください。