土日対応してくれるファクタリング会社も存在する!?

ファクタリングを必要とするタイミングは、事業者ごとに全く異なります。その中には、土日・祝祭日に現金が必要になるケースも当然発生してきます。
しかし、銀行窓口は土日・祝祭日は基本的に営業していないため、メガバンクでのファクタリングは不可能です。

そんな時、土日・祝祭日でもファクタリングできるノンバンク系のファクタリング会社が非常に役に立ちます。さらに、このようなファクタリング会社は24時間いつでもファクタリングできる環境が用意されているため、事実上いつでも売掛債権を売却でき、いつでも資金調達ができるということになります。

なぜノンバンク系ファクタリング会社にそんなことができるか

銀行系ファクタリング会社にはできない土日・祝祭日のファクタリング対応。ノンバンク系だからこそ対応できるサービスともいえます。
しかし、どのノンバンク系ファクタリング会社でも可能なサービスではない事を覚えておいてください。

通常の店舗型の銀行をメインバンクとして利用しているファクタリング会社では、メガバンク同様土日・祝祭日の対応は不可能です。営業時間の縛りの中で運営しているからです。
土日・祝祭日にも対応してくれるファクタリング会社の取引口座は、ほとんどの場合「インターネットバンク」を利用しています。そのため、営業時間のしがらみの中で運営していないのです。

インターネットバンクを利用する事で、事業所にいながらにして入金処理を完了することができ、取引履歴もしっかりと残すことができます。通帳が存在しなくても、ネットバンクのログインページから取引履歴を確認できるので、ファクタリング会社としては何も問題がない取引ができるのです。

しかし利用者からすると、ネットバンクをメインバンクとして利用しているファクタリング会社に信頼性を抱くのは難しい状況です。本来であれば店舗のある銀行を利用しているのが一般的だからです。
ですが、そのお陰で土日・祝祭日でもファクタリングが可能になるのであれば、メインバンクがどこであろうが関係ありません。取引さえ無事に完了すれば、晴れて資金調達ができるのですから。

自分の口座が受け入れ態勢ができていない!?

ファクタリング会社の手続きが完了したとしても、自分の受取口座が対応時間外で翌営業日まで待たなければならないという事態もあり得ます。
そんな時、ファクタリング会社が現金を用意してくれれば最高ですが、基本的に取引履歴の残らないやり取りは行われません。仮に現金を用意してくれるファクタリング会社があった場合、余分な手数料の要求や他の条件の付与、もしくはそもそもうヤミ金である可能性も出てくるので、できる限りそこに頼るのはおすすめしません。

事業用口座が営業時間外であっても、個人口座にネットバンクがある場合は、一時的にネットバンクを利用して入金を行ってもらうのが得策です。個人口座であっても、後から税務申告時にファクタリングのために利用した旨を添え取引履歴を提出すれば何も問題なく申告できます。

土日のファクタリングに頼らずに平日の取引を

土日・祝祭日に急遽資金調達しなければならない状況というのは、一般的に見てかなり特殊な状況です。ファクタリング会社自体も、銀行の営業時間に依存した営業が基本となり、即時支払いが必要なものも突発的に発生するものではないのです。
事前に準備することもでき、支払いまでに売掛債権が現金化できるかの判断はつきます。
できるだけ前倒しで資金調達しておくことで、切羽詰まった状況を作らないことが最も重要です。