ファクタリングと取引信用保険のそれぞれメリット・デメリットとは?

ファクタリングと取引信用保険。この2つのサービスは売掛金を対象にしているという共通点がありますが、それぞれ利用目的や利用範囲は異なります。
取引信用保険は、取引先の売掛金を守るというサービスです。つまり、売掛金の未払いリスクを避ける働きがあります。

一方でファクタリングは、売掛金を売ることによって早期の現金化を図る資金調達の手段です。
今回は、この2つのサービスのそれぞれのメリット・デメリットを比較し、その違いを紹介していきます。

取引信用保険とファクタリングの内容の違い


同じ売掛金を対象にしている共通点のあるファクタリングと取引信用保険ですが、以下の3点が異なる点です。

  1. 利用する目的が異なる
  2. 取引先の範囲が異なる
  3. 債務回収についてのリスクが異なる

それではこの2つのサービスについて、それぞれのメリットとデメリットの部分をご説明します。

取引信用保険

メリット

取引信用保険に関しての利点は、主に以下の3つが挙げられます。

  1. 保険会社の審査に通っていることで、取引金融機関からの信用が高くなる見込みがある。
  2. 保険を掛けることによって、売掛金と同額は確実に回収できるので、キャッシュフローの流れを止めてします心配がない。
  3. 売掛金を管理するのは自社ではなく保険会社なので、管理を効率的にすることができる。

デメリット

続いて、取引信用保険のデメリットは以下の3つが挙げられます。

  1. 保険を掛ける前に審査が必要になるので、希望額よりも支払限度額が下げられてしまう可能性がある。
  2. 本来であれば貸し倒れリスクが高い取引先に保険を掛けたいが、審査次第で対象外になってしまう可能性がある。
  3. 入金を前倒しすることはできない。

取引信用保険のは、このようなメリットとデメリットがあります。

ファクタリングのメリット・デメリット

【ファクタリングは何?】売掛債権の買取サービス
もちろん、ファクタリングにおいても利用するメリットとデメリットがそれぞれあります。

メリット

  1. 売掛金を通常3日程度、最短だと即日現金化することができる
  2. ファクタリングによって調達した資金は自由に用途を選択できる
  3. 2社間ファクタリングであれば、売掛先への承諾なくファクタリング契約が可能
  4. 税金関係の滞納があっても利用可能

デメリット

  1. 銀行融資よりも比較的大きい手数料が発生する
  2. 売掛金の入金日に一括で振込をしなければならない
  3. 現金化できるのは売掛金の範囲内のみ

ファクタリングのメリットとデメリットには、このような内容があります。

用途によって合わせた選択を


取引信用保険は売掛金が回収できないというリスクに備えて、取引先に保険を掛けておくことができるサービスです。
この取引信用保険は、製造業・運送業・通信業等、様々な業種で利用されています。

一方、ファクタリングは売掛金を売ることによって、早期の現金化を図れるサービスです。
特に、建設業・製造業・運送業等、入金サイクルが長くなる業種でファクタリングの検討が増加しています。
至急で資金調達をしたい場合や、融資の審査結果が出るまでのつなぎ融資として利用するケースにおすすめできると言えます。

それぞれのサービスには利点とネックになる点があるので、目的に合わせた資金調達方法を検討することをおすすめします。