被災した事業者を助けてくれるのはファクタリングだった!

東日本大震災や、台風15号で被災してしまった企業が事業の立て直しに努力しようと考えた際、まずは資金をどうにかして調達しなければなりません。これまでの業績資金を利用して、一時的に資産を大きく減らすことになれば、従業員を抱えきれなくなる恐れも出てきます。つまりはリストラを考えなければならないということです。

人的リスクを回避しようと考えるのであれば、手持ち資金を不用意に利用すべきではありません

かといって、資金調達に銀行融資や商工会融資を利用すれば、今後返済が終わるまでの間ずっと利息と返済に追われ続けなければなりません。
事業者だからこそ利用できる資金調達方法。それがファクタリングです。

ファクタリングが事業者を助ける理由

ファクタリングは、まだ現金化できていない売掛債権があれば、ファクタリング会社が債権受け取りの権利を買い取ってくれる金融事業になります。
つまり、ファクタリングすることで売掛債権に対する事業者の権利は一切なくなるということになります。

しかし、ファクタリング取引には手数料が発生します。2社間ファクタリングで20〜30%、3社間ファクタリングで5〜10%の手数料になります。この手数料を差し引かれることで、まとまった資金を早期に調達することができます。
そして、被災時は特に優秀な資金調達方法だということになります。

事業者にとってファクタリングが有利になる理由は、助成金や特別融資枠を当てにしないで済むからです。
通常のサラリーマン家庭の場合、ファクタリングするための材料がありません。事業主だからこその特権ともいえます。

被災時であっても、取引先が被災地外に位置している場合、売掛債権に問題は起こりません。しかし、取引先が同じ被災者出会った場合、売掛債権の回収が難しくなってしまいます。確実にファクタリングできる売掛債権を、確実に現金化するのです。

被災中の資金調達方法はどれだけある?

被災中は、どれだけクリーンな資金を集められるかが事業主の生命線になります。

  • 商工会からの融資
  • 銀行融資

基本的にはこの2パターンが事業者に許されている資金調達方法です。
さらに助成金がここに加わります。

ただし、これは各自治体からの資金調達方法がメインであり、自主的に資金調達できる方法はファクタリングが唯一の方法になります。

被災に負けず融資に頼らず事業を遂行するにはファクタリングを有効活用しよう

自然災害はいついかなる時に訪れるか、猛威を振るうのか分かりません。
事業をストップさせないためにも、ファクタリングは最大限有効活用してください。