入金されるまで何日かかる?ファクタリング・銀行融資・補助金などの必要日数

ファクタリングの検討をする時は、申請からどれくらいの時間で現金が入金されるのかが気になる点になると思います。
ファクタリング会社を選ぶ際も、現金化までの期間をどの会社にするかの検討材料の一つにする場合もあるでしょう。
これは、なるべく早く資金が必要な場合、資金調達までの日数は可能な会議り短いことが望ましいからです。

現金化されるまでどれくらいの日数が必要になるかは、ファクタリング契約の種類やファクタリング会社の条件によって異なります。
ただ、そもそもファクタリングは迅速性の高い資金調達の手段であり、申し込みから買取代金が入金されるまで数日で完了することが一般的です。
今回は、他の資金調達の方法と比較しながら、ファクタリングはおおよそ何日あれば現金化されるのかを説明していきます。

銀行融資の場合

銀行系ファクタリング会社の特殊ファクタリングを上手に使う方法
資金調達の方法といえば、まず銀行融資を想定される方も少なくないと思いますが、提出する書類の量・種類が多いことや審査のハードルも高いことが特徴です。
そのため資金調達までにかかる時間は何日単位ではなく、週や月単位で時間を要すると認識しておく必要があります。
特に中小企業の場合では、担保や連帯保証人を求められるケースが多くなります。

助成金・補助金で資金調達できるまでの日数は?


国や自治体等が行っている補助金や助成金を受けることができれば、返済不要の資金を確保できる可能性があります。
しかし、多くの事業者が申請をするため、作成しなければならない書類も量が多く、難易度も高いと言えます。
都道府県や市区町村、または政府関係機関に申請を出すことになりますが、もし審査に通過した場合でも、実際に入金が反映されるまでの日数は数か月かかるという認識が必要です。

募集株式の場合はどうなる?


募集に応じた株式を引き受けてくれる方へ、割り当てる株式の方法が募集株式です。
出資された資金は会社の純資産になります。
純資産は返済する必要がないため、事業資金として有効活用することができます。
ただし、募集株式を始めた際には発行済株式総数の変更登記が必須となり、会社が株式を増やす場合には株主総会で承認を得ることが必要になります。
そのため、株主総会や登記申請期間も含めて、資金調達までの日数は最低でも1~2か月は必要になると考えられます。

ファクタリングで資金調達するなら即日も


ファクタリングの手続きには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが、3社間ファクタリングは売掛先に承諾を取る必要があるので、即日の現金化を目指すのは現実的に考えて難しいと言えます。
しかし、2社間ファクタリングであれば即日の現金化も可能です。

その理由は、審査が比較的簡易であり、契約を結ぶのも利用者とファクタリング会社の2社のみになるので、余分な手続きの時間が必要ないからです。
資金調達まで何日もかける時間がない…という場合は、担保や保証人もいらない特に2社間ファクタリングが迅速な手段と言えます。

目的に合わせた選択を


このように、資金調達には様々な選択肢があります。
それぞれメリットとデメリットの両面があるので、目的に合わせた選択をすることが重要になると言えます。
ファクタリングの場合は、非常にスピーディーな資金調達が可能です。
一時的に緊急の現金が必要になった場合は、ファクタリングを資金調達方法として検討することが得策です。