ファクタリング会社を乗り換えるメリットとデメリットとは?

現状のファクタリング会社に不満がある、もしくはより自社にマッチしたファクタリング会社はないか検討している際に、乗り換えを考える企業も少なくありません。
乗り換えをすることによって生じるメリットも存在しますが、利点だけではなくデメリットもあることが想定されます。
今回は、ファクタリング会社の乗り換えを行うことによって生じるメリットやデメリットについて解説していきます。

乗り換えをした方がいい経営状況とは


例えば、現状利用しているファクタリングの手数料が高くてこれ以上下がらない場合や、中長期的にずっと使い続けている状態であれば、乗り換えることを検討した方が得策です。
また、半年間利用してみて何も経営状態が改善されず、ファクタリングの無限ループから抜け出せなければ、ファクタリング会社を乗り換えた方が受けられるメリットは大きいかもしれません。

乗り換えのメリット

手数料が安くなる

ファクタリング会社の乗り換えを行うことで、ファクタリング会社に支払う必要のある手数料が下がる可能性があり、これが最大のメリットです。
毎月たった1%の差であっても、毎月積み重なっていくと大きな金額になります。

手数料の交渉がしやすい

乗り換えの二つ目のメリットは、ファクタリングの利用実績が既に証明されているので手数料の交渉がしやすくなるということです。
ファクタリング会社側が最も注意しているのが、売掛先から入金があったにも関わらず、返済をしないで着服してしまう、所謂「焦げ付き」です。
ファクタリング会社は今まで全く実績のない顧客より、利用実績のある顧客のほうが信用面で優れていると判断し、貸し倒れのリスクも低いと考えています。
ファクタリング会社を利用したことがある経緯や実績は、ファクタリング会社側から見ると優良顧客になるので、手数料の交渉が有利になるということです。

乗り換えのデメリット

手間がかかる

乗り換えの一番のデメリットは手間がかかるという懸念点です。

「手数料は安いのか」「交渉に応じてくれそうか」「目的に合ったサービス内容か」
等を検討する必要があるので、リサーチにある程度時間を要してしまいます。
従って、その労力に見合う手数料の差分があるのかを見極める必要があります。

悪徳業者を選ぶ可能性がある

ファクタリング契約を続けていると、悪徳なファクタリング業者に遭ってしまう可能性があります。
悪徳業者を見分けるにはいくつか方法があるので、乗り換えをする際には注意深く業者を見極めるが必要があります。
見分ける方法は例えば、連絡先が携帯電話のみで他に登録が無かったり、手数料を明確に記載していない会社は要注意です。

リスクヘッジを行えば大きなメリットに


このように、ファクタリング会社を乗り換える時にはメリットとデメリットの両方が存在します。
乗り換えをするとなるともちろん手間がかかりますが、それを差し引いても月々のコスト削減ができれば大きな利益になると言えます。
現状の手数料を見直し、利用目的に合ったファクタリング会社の選択することをおすすめします。