ファクタリングの審査が易しい理由とは

「早急に現金を調達したい」という方にとって効率のいい資金調達方法がファクタリングです。
ファクタリングは、最短で即日の現金化が可能であり、銀行融資やビジネスローン等の審査に比べて審査が易しいという利点があります。
しかし、どのような理由からファクタリングの審査は易しいと判断できるのでしょうか。
今回は、ファクタリングの審査内容や基準について説明しています。

理由の一つは仕組みの違い


まず、ファクタリングの審査が易しい理由の一つは仕組みの違いにあります。
例えば銀行融資の場合、お金を借りたい法人の事業規模や売上・利益率などの多様な面から信用力を調査して判断します。
その一方でファクタリングは、売掛債権の買取で利益を発生させています。
売掛債権を買い取り、その資金を回収することができればファクタリング会社の売上になるということです。

銀行融資は「申し込みをした企業の信用力」
ファクタリングは「売掛債権」を元に、お金を貸します。
借りる側から考えるとどちらも融資ですが、貸す方から考えると大きな違いがあるのです。

融資における審査基準


そして更に大きな理由は、審査基準が売掛債権の発行会社だからという点にあります。
銀行融資の場合は銀行融資の審査基準、ファクタリングの場合はファクタリングの審査基準がそれぞれあります。
この審査基準の異なる部分が、ファクタリングの審査は金融機関の融資に比べて易しいと言われる理由です。

例えば銀行融資では、融資を受けに来た法人の信用度のみで判断をします。
ただし、一法人ごとに調べていたらキリがないので、各銀行には「スコアリングシステム」と呼ばれる分析システムが導入されています。
スコアリングシステムとは、安全性や収益性、返済能力、成長性の信用度を点数にして可視化したデータです。

ファクタリングの審査基準とは


一方のファクタリングにおける審査基準は、売掛先の信用力が最も重点的に見られる評価の点です。
ファクタリング会社は、回収のリスクを減らすため、売掛金を受け取る企業よりも売掛金を支払う企業の信用を重視しています。
「売掛先が支払いを確実にできるかどうか」が最大の審査基準です。

売掛先の審査は、帝国データバンクの信用情報や法人信用情報等をもとに審査します。
ファクタリング会社にとって考えてみれば、売掛先が倒産にでもなってしまうと、買い取った売掛金を取り戻せないリスクがあるので、審査が慎重になります。

次に、売掛金の入金日をリサーチします。
入金日が長い期間先よりも、1ヶ月後といった短期スパンであればあるほど、ファクタリング会社にとってはリスクを減らすことができます。

そして最後に、ファクタリングを申し込んだ企業自体の審査をします。
他社からの借入が他にもあるかどうかや、譲渡予定の売掛金が本物であるかどうかが審査のポイントです。
ファクタリングを申請する企業の中には、偽装した請求書を用いて譲渡金を騙し取ろうとする悪徳業者だったり、売掛先からの入金があったにも関わらず、ファクタリング会社に支払わないで他の支払いに充ててしまったりするケースが存在します。

そのため、ファクタリングの審査基準には、経営者の人柄も考慮されます。
銀行が借主の信用度を基準としているのと対し、ファクタリングの審査基準は売掛先の信用度が最優先で、プラスアルファとしての借主の信用度があります。

この審査基準の違いが「ファクタリングは銀行融資に比べ審査が易しい」と言われる理由になります。

メリットを最大限に活用

自分の会社を守れるのはあなただけ!
このように、銀行融資に比べた場合、ファクタリングの審査は比較的易しいと言えます。
迅速かつ審査が通りやすいというのは、資金調達を検討している際には心強い味方になります。
特性をしっかりと把握していれば、ファクタリングは資金調達の有効な手段になると言えます。