ファクタリングしたことを取引先に知られてしまった!?どんな問題がある?

あなた自身の事業を生き残らせるため、ファクタリングという手段を選んだものの、なぜか取引先にその事実が知られてしまった。以前であれば、あなたには「取引中止」となる可能性が少なからず出てきました。

しかし、現在ファクタリングを認知している企業も多く、日本経済が衰退している現状を理解していれば大きな問題にはならないケースが多いです。

ただし、ファクタリングの存在を勘違いした取引先の場合、あなたが「手形を売却した」と認識し、取引に影響を及ぼす可能性は十分にあります。

取引先にファクタリング利用がバレた・・・問題は?

隠れてファクタリングをしたつもりはなくても、取引先からすれば「裏切られた」という負の感情が沸いてしまうものです。
問題は、取引先に抱かせてしまう「信頼関係の崩壊」です。

事業は信頼関係の上で成り立ちます。その信頼関係を失った際、事業は破綻をきたしてしまうのです。

そこまでの破滅的な問題に至らずとも、資金繰りができないと思われ取引に慎重になられてしまう可能性は大いにあります。2社間ファクタリングは容易に取引できても、取引先との信頼関係が築けない状態ではファクタリングをすることすらマイナス要素となってしまうのです。

そのため、信頼関係の構築ができているかどうかに関わらず、3社間ファクタリングに臨めるのであれば取引先に打診することをおすすめします。

信頼は嘘をつかないことでしか得られない

先進的な取引先であれば、ファクタリングを利用した経緯を親身になって考えてくれたりもします。2社間ファクタリングでは手数料が高いと理解していて、わざわざ3社間ファクタリングのテーブルについてくれることさえあります。
そこまであなたの事業に前向きになってくれる取引先であれば、この先も事業の心配は少なくすみます。

しかし、全ての企業がそんな奇特な方ばかりではありません。
中には「ファクタリング=負債」と考えたり、手形取引と勘違いしているケースも稀ではありません。取引先の認識一つでその後の取引に大きな差が生まれます。

取引先にファクタリングの存在を理解させるのはとても難しく、下手をすると即刻取引中止になる危険性があります。
あなたにできることは、ただ今の状況を正直に、事実を伝えることだけです。

取り繕い不信感を抱かれるより、売掛債権が支払われるまでの間にあるあなたの支払いを賄わなければならない事実、従業員の給与支払いのためという事実、なぜファクタリングを利用したかという事実を伝えましょう。