でんさいファクタリングの仕組みとは

「でんさいファクタリング」とは簡単に言うと、電子記録債権、いわゆるでんさいの仕組みを利用したファクタリングサービスのことを指します。
でんさいファクタリングを使うことによって、資金繰りの改善や決済手段の多様化に役立てることが可能です。
今回は、どのような仕組みででんさいファクタリングが成り立っているのかについてご紹介していきます。

でんさいファクタリングとは


「でんさいファクタリング」は「でんさい」の仕組みを用いた「ファクタリング」サービスです。
そもそもでんさいは、電子記録債権(でんしきろくさいけん)を略した言葉で、 電子的に企業間の売上債権を記録し、管理するシステムのことを指します。
これに、ファクタリングの仕組みを融合させたサービスをでんさいファクタリングと呼びます。

どのような仕組みになっているのか


でんさいファクタリングは取り扱いの銀行により仕組みが異なります。
よって、基本となる一例をここでは紹介します。
まず、ファクタリング会社と、支払企業、納入企業の3社間で契約を結びます。
代金の支払いを行う支払企業と、商品の納入企業の間で取引が行われた際に、支払企業はでんさいネットに債務のその記録を行い、債権が発生したことがでんさいネットから通知されます。

ここまでは、通常のでんさいと同じ扱いになります。
納入企業がファクタリングを行いたい場合は、ファクタリング会社に債権を渡して現金を受け取ります。
ファクタリング会社はでんさいネットに債権が譲渡されたということを記録し、支払い企業が代金を払う際は納品企業ではなく、ファクタリング会社に送金するという手順になっています。
これが、でんさいファクタリングを用いた商取引における一連の流れとなります。

違いを比較


通常のファクタリングとでんさいを利用した債権譲渡では似ている部分があり混同されることがあります。
下記ではそのでんさいファクタリングとの違いを解説します。

ファクタリング

ファクタリングは保有している金銭債権を、ファクタリング会社が買い取るというサービスです。
来月に入金される予定の債権をファクタリング会社に渡すことで、早期の現金化が図れます。
でんさいファクタリングは通常ファクタリングの仕組みと変わらず同じで、その取引が書面か電子かだけの違いになります。

でんさいを利用した債権譲渡

でんさいを利用した債権譲渡とは、電子債券を支払いの為に譲渡することを指します。
これは受取手形の裏書譲渡と同じイメージになり、でんさいを用いた債権譲渡は、でんさいファクタリングに似ているようで全く異なる内容の契約です。

効率のいい資金調達が可能に

【ファクタリングは何?】売掛債権の買取サービス
でんさいを利用すれば、従来から決済手段として使われていた手形の手間を大幅に低減することが可能です。
また、中小企業や小規模事業者の円滑な資金調達手段としても役割が期待されています。
でんさいファクタリングを有効活用すれば、迅速な資金調達と、スムーズな決済の両方が実現できるのです。
また、通常のファクタリングにも、迅速な現金化と比較的易しい審査には大きなメリットがあります。目的に合わせて、どのような手段がベストな資金調達なので、検討することをおすすめします。