ファクタリングで絶対にしてはいけない「意図せぬ横領」に注意しよう!

ファクタリングを行う上で注意すべきトラブルが「意図せぬ横領」です。このトラブルについては、ファクタリング会社との信頼関係など一切関係なく、横領してしまった事実のみが注視されてしまうため、発生してしまった場合司法によって裁かれてしまう大きな問題です。

しかし、なぜ意図せずに横領してしまったことになるのか、事業者の多くは問題発生してしまった後でさえ気付けずにいます。現に同じ原因によって複数回横領として扱われてしまう事業者がいるほどに複雑化してしまっているのです。

もっと安全に、もっと使いやすい資金調達方法にするためにも、間違いのない契約を結んでいきましょう。

意図せぬ横領につながる原因とは?

誰しも自分から横領しようとは考えません。後々大きなトラブルになることは目に見えている上に、下手をすれば手が後ろに回ってしまいます。

問題となる行動を理解し、安全にファクタリングに臨んでください。

売却した売掛債権の振り込み口座は同じまま

2社間ファクタリングでも3社間ファクタリングでも取引した売掛債権は、基本的に利用者から取引会社に宛てたままの状態で取引されることになります。その際、売掛金の支払われる口座情報は「利用者事業用口座」であり、取引会社も通常通りの支払い方法で取引を完了していきます。

しかし、支払い先が変わっていないということで発生するのが「ファクタリング会社への支払い忘れ」です。
ファクタリング会社から先に資金調達させてもらっているため、売掛債権が支払われた折には即ファクタリング会社へ支払う義務があります。これを怠った場合、他の支払いに売り上げが回ってしまう恐れが出てきます。その際、残高不足によりファクタリング会社への入金が不可能となってしまうと、契約違反として即時支払い督促を受けることとなり、最悪の場合「横領」として告訴されてしまうこととなるのです。

横領は刑法で罰せられることとなるため、懲役刑を課せられるケースもあります。

二重契約による詐欺の疑い

ファクタリングを契約する際、多くの相見積もりをとってしまったことで意図せずして契約を結ばれてしまうことがあります。その際、後の好条件なファクタリング会社との契約を結んでしまうことで二重契約となってしまう恐れがあるのです。

意図していなかったとしても、二重契約をされたファクタリング会社としては既に他の会社との間で売買契約が完成しているにもかかわらず、自社にも同じ売掛債権を持ち込んだとして「架空請求」として見なされてしまうケースがあります。これは歴とした詐欺被害になるため、刑事事件へと発展してしまう場合があります。

意図せぬ横領に遭わないためにできること

ファクタリングでトラブルを回避するためには、売掛債権の受取人をも変えてしまう手続きを行なってしまうのが最も簡単な方法になります。

通常は利用者に入金されてしまうため、意図したわけではなくても横領としてトラブルになってしまうところ、入金先がファクタリング会社に変更されれば入金忘れや遅れの発生はなくなります。ただし、あくまでも受取人は利用者でなければ不労所得として計上されてしまうため、ファクタリング会社の先導で専用の銀行口座を開設することになります。

しかし、どこのファクタリング会社でも行なっている方法ではないため、必ず利用できる方法ではありません。

間違いがない入金を行うために、どこのファクタリング会社も行っている方法が3社間ファクタリングになります。取引会社も一緒にファクタリングのテーブルにつくことで、取引会社としてもトラブルに巻き込まれない動きをしてくれるようになります。