ファクタリングと融資の違いは?緊急時の金策は断然ファクタリング!

資金ショートしてしまった場合、できるだけ早く資金調達しなければなりません。しかし、調達方法には限りがあります。
一般的な資金調達といえば「銀行融資」「商工会融資」「消費者金融」「ヤミ金」などによる「融資」です。

しかし、是非おすすめしたい資金調達方法は「ファクタリング」なのです。

ファクタリングと融資の違いが分かると、今後の事業効率にも大きな変化が生まれます。

ファクタリングと融資って何が違うの?

ファクタリングが「売買取引」であることに対し、融資は「貸付」であるというのが大きな違いになります。このことは、出納帳の中でも課目の違いとして現れてきます。

「売買取引」で得た金額は純粋な利益です。どのような自体に陥っていても、何の心配をする必要もなく利用できる事業資金であることが分かります。
しかし「貸付」で手に入れた資金は、必ず返済義務のある使用権利を持った資金ということになります。どのように利用しても構わないですが、完済までに発生する利息や、完済までの期日などにも気を配らなければならない負債なのです。

利益負債という言葉で読み取れるように、プラス資金であるファクタリングマイナス資金である融資であれば、健全な事業として認識できるのはファクタリングによって資金調達している事業者ということになるのです。

ファクタリングと融資はどちらの方が素早い対応ができる?

ファクタリングの売買契約が成立するタイミングを左右するのが「事前準備の正確性」です。
取引先の情報や売掛債権の正当性、過去数ヶ月間に発生している該当取引先との売掛履歴など、売却を考えている売掛債権における信用性の証明さえできれば、ファクタリングはものの1時間以内に資金調達できてしまうのです。

一方、融資はそう簡単にはいきません。
資金調達しようとしている本人、または事業の信用情報を調査し、融資後の回収までを見据えた結果で融資額が決定されます。
利用者が必要な金額を必ず融資してもらえるわけでもなく、返済能力に応じて無理のない金額までしか融資されません。

このことから、利用者が用意した情報で信用情報を確認できるファクタリングの方が、融資に比べ素早い対応が望めます。
また、調達資金に関しても安定した金額を確保できるのでるす。

緊急性が高くてもファクタリングは対応してくれる?

ファクタリングに、365日24時間いつでも資金調達できるという過大な期待は持ってはいけません。
一部のノンバンク系ファクタリング会社の中には、メインバンクの種類や手元に資金を置いておくことで融通の利く支払い体制をとっている場合もありますが、通常のファクタリング会社は土日・祝祭日や、銀行営業時間外での入金対応はしていません。

そのため、銀行の営業時間外での資金調達に関しては消費者金融の方に分があります。
ただし、融資として資金調達したものは全て負債であ理、そこには利息も発生する事実には変わりありませんので注意しましょう。

休日対応もしてくれるファクタリング会社も存在するので、通常営業時間内であればメインバンクでのファクタリングを利用し、緊急時はノンバンク系ファクタリング会社を利用するという使い分けができれば、どんな時でも頼りになる事業パートナーになってくれます。

資金調達に悩んだら融資よりもファクタリング!

起業時の資金調達には融資が一般的になりますが、事業が既に遂行されて売掛債権を抱えている状態であれば、融資を選択するのは愚かな行為です。
ファクタリングを利用するだけで、一切の負債を背負うことなく資金調達ができるのです。

しかも、ファクタリングの主導権は利用者にあり、金融機関が主導して受取金額を決定するわけではないというのが大きな魅力なのです。
返済を必要としない、支払い期日も決定されている、支払い金額も確定した売掛債権を取引するファクタリングであれば、資金を融通した金融機関に損益は基本的に発生しないのです。

つまり、少しの手数料を差し引くだけで安定的に早期資金調達できるのがファクタリングというサービスなのです。