ファクタリングに失敗したらどうすれば良い?緊急対処の選択肢を持っておこう!

ファクタリングで資金調達を試みたものの、何かの理由でファクタリングできない場合があります。しかし、今すぐにでも資金調達しなければならない状況が控えていれば、今何が不足しているのかを再度考えてみましょう。

ちょっとした変化をつけるだけで、ファクタリングできる可能性が出てきます。

提示資料を追加する

ファクタリング会社に提示した書類に対する与信が不足していて、売買契約が結べない場合があります。
直近の売掛債権だけを提示するのではなく、過去数ヶ月分の取引実績、及びに入金実績を提示することで与信を確たるものにできれば、ファクタリング契約が結びやすくなります。また、受注書などで依頼自体の確証を持たせることも大切です。

あなたと売掛債権をファクタリング会社に信頼してもらうことを念頭に置いておきましょう。

売掛債権に対し、取引先である企業の信頼性が薄ければ、ファクタリング会社は債権買取に危機感を覚えます。ファクタイング会社もリスクはできる限り避けて事業を行いたいため、少しでも固い取引を心がけています。
万が一ファクタリング契約でつまづいた場合は、提示資料をより信頼性の高い状態にしてみましょう。

過去のファクタリング取引を見直そう

今まではファクタリング取引が成功してきたのに、今回はなぜか失敗してしまったという場合、あなた自身の過去の取引を見直してみてください。
もし、支払い期日を経過してしまいファクタリング会社への入金遅れがあった場合、あなたに対する与信が下がってしまっています。この場合、現在ファクタリングにかけようとしている売掛債権に記載されている金額を、あなた自身がしっかりと入金してくるかに対し不信感を抱かれている場合があります。
本来であれば提示している金額を手にしたいのですが、利用しているファクタリング会社に不利益になる可能性を与えてしまったせいで、与信回復まで厳しい目で債権買い取りを行われてしまうのです。

現在取引を行っているファクタリング会社での取引が難しい場合、他の新たなファクタリング会社を選ぶ必要も出てきます。または、並行して他のファクタリング会社との契約も行うことで、必要金額を入手する方法もあります。

ファクタリングの内容を変更する

ファクタリングは債券取引の商取引という事を理解する

今回失敗したファクタリングがどのようなものだったのかを見直してみてください。ファクタリングが失敗している場合、あなた自身の与信か取引先の企業に対する与信、もしくはその両方が不足している場合、上手くファクタリングができません。

ファクタリングする債権を変更し、取引金額を下げることでファクタリングが成功する場合があるので、1社で必要額全てを賄おうという考えを一度改めてみるのも方法です。
複数社に手数料が発生してしまうため利益率は下がってしまいますが、細かく分散させることで必要額を集めることができます。

または、これまでの与信を捨ててでもファクタリング会社を変更し、新たな取引で大きな金額をファクタリングするのも手です。
与信が下がった状態では、大きな金額を取引できない場合が出てきます。しかし、どうしても今すぐ大きな金額が必要で、他に細かくファクタリングできる売掛債権がなければ、少し余分に手数料を差し引かれたとしても大きな金額でも取引できるファクタリング会社を選ぶべきです。

他にも、2社間ファクタリングで取引失敗となっている場合は、取引先の企業に打ち明けることで3社間ファクタリングに持ち込むという方法もあります。
あなた自身の与信が低く、現状ではファクタリング会社に取り合ってもらえない場合でも、取引先の企業がファクタリングのテーブルに着くことで一気に問題解決につながる場合があります。
ただし、取引先の企業との信頼関係があってこそ、ファクタリングに対する理解があってこその方法になるため、まずは普段から信頼関係を築いておくことを忘れないでください。

ファクタリングに失敗したら緊急対策を講じて対処しよう

ファクタリングの成功の秘訣は「与信状況を確かなものにして行く」ということになります。
一度の失敗で大幅に与信情報は下がり、本来求める条件での取引ができなくなることはよくあることです。与信回復のために同じファクタリング会社を利用するのも大切ですが、今必要な金額を調達できないのであれば、資金ショートは解決できないままになります。

ファクタリングで資金調達が必要な状況であるならば、確実に必要額の資金調達ができなければなりません。
時には取引するファクタリング会社を見直すことも検討しましょう。