ファクタリングの進化と発展を振り返る

現在では日本でも普及してきたファクタリングですが、ファクタリングはどのように進化して発展してきたのでしょうか。今回はイギリスとアメリカでの話を中心に紹介していきます。

ファクタリングの起源は諸説ある

現代のファクタリングの起源について2通りの説が残されています。

  • 1300年頃に始まった
  • 1500年頃に始まった

2説を簡単にご紹介します。

ファクタリング発祥(1300年代説)

イギリスでは、当時「ファクター」と呼ばれる組織がありました。このファクターは、商人から売掛債権を買い取って現金の前貸をしていました。
当時のイギリスでは、ユダヤ人との売買で取引先からお金を支払ってもらえないという問題が多発しました。そこで、イギリスの商人はファクターを活用して発展していったという記述が残されています。

ファクタリング発祥(1500年代説)

大航海時代になり、イギリスと植民地だったアメリカとの間でファクタリングが使われていたという説もあります。
当時のイギリスは、アメリカ側からたばこや綿等の原料の前払いを求められるようになりました。そこで、イギリスとアメリカの移住者との間でファクタリングを使っていたという説です。

どちらの説にも共通するのが、当時のファクタリングは支払いの保障という位置づけだったという点です。

アメリカで発展したファクタリング

1900年代に入り、ファクタリングはアメリカで発展しました。1910年代、アメリカの衣料繊維メーカーは原材料を仕入れるために請求書を使ったファクタリングを利用します。ファクタリングを利用することで、衣料繊維メーカーは安定して資金を回収しつつ原材料を仕入れることができました。その結果、業界全体が急成長を遂げます。

1940年代に入ると、アメリカの銀行がファクタリングサービスを開始しました。それまでのファクタリングは、ファクターと呼ばれる組織が企業にファクタリングを提供していました。それに加えて、銀行とファクターの間で債権や請求書を使ったファクタリングが行われるようになります。

1960年代、アメリカで発展したファクタリング会社は、ヨーロッパ諸国に次々と支店を作りました。その流れはどんどん加速していき、1970年中頃には西ヨーロッパのほぼ全域に広がります。更に、業種も繊維や製造業に留まらず、多種多様な業種で利用されるようになりました。

日本とファクタリング

アメリカ、ヨーロッパで広く普及したファクタリングですが、日本では1970年代にファクタリングが登場します。ですが、当時のファクタリング には強力なライバルがいました。それが手形です。
手形は日本独自のものですが、その歴史が古いこともありファクタリングはなかなか普及しません。
また、ファクタリングの売掛債権を譲渡するという手法に抵抗感が強かったことも影響します。

1990年代に入って、日本はバブル崩壊を迎えました。ここで問題になったのが、手形が使えなくなり、売掛債権の回収が困難になったことです。そこで、売掛債権を現金化するファクタリングへの関心が一気に強くなり、日本企業にも普及していきました。

日本を始め世界中に浸透したファクタリングですが、様々な国で発展を重ねて現在に至りました。