ファクタリングにおける成功例【輸出業】

輸出業は、他国の取引相手と商品のやりとりを行う業種です。
そして国際取引では、商品の代金を一時的に立て替えなくてはいけないケースが出てきます。

そのような例が多くある中で、輸出業でも活用されているのがファクタリングです。
今回は、輸出業でファクタリングを利用する理由と、実際に利用した成功事例をご紹介していきます。

輸出業でファクタリングが必要になる背景


他国の業者と取引を行う場合、 商取引、言語、法制度、通貨、カントリーリスクなど様々なリスクが存在しています。
なにより輸出業で特殊なのは、取引先が商品を受け取ってから実際に代金が支払われるまでにかなりの時間がかかるということです。

国内取引とは異なり、外国取引では商品の受け渡しと代金の支払いが同時に行われることは非常に困難なのです。
その結果、輸出者は商品の出荷から代金回収までの期間、商品の代金を一時的に立て替える必要がでてきます。

今までは貸倒れのリスクを軽減するために、信用状の発行をして債権の貸倒れリスクを管理していました。
しかし信用状の発行は手続きに時間がかかるため、最近では利用機会が減少しています。

そこで近年活用されているのがファクタリングです。
ファクタリングはすぐに債権を現金化できる可能性が高いことから、輸出業でもファクタリングを活用することは有効とされています。

輸出業でのファクタリングを利用した成功事例


コンピューターで使うICチップを、海外の会社に輸出するを事業を行っている会社がありました。

事業のほとんどが一つの会社に対する商品の輸出だったため、その会社との関係性が非常に重要視されていました。
しかし、更に売り上げを拡大するために、他の会社との取引も行うための計画が練られていました。

しかし、新たな取引先だと信用情報が分からないため債権を回収できなくなれば、売り上げに直結し資金繰りはとても苦しくなってしまいます。
与信管理と債権管理はかなり厳格に行う必要がありましたが、新規で高度な与信管理や債権を管理できる人材を確保することはできませんでした。

そこで、この問題を一度に解決できるのがファクタリングです。
ファクタリング会社には、債権管理と与信管理を任せることが可能です。それにより、債権管理と与信管理に関する時間と手間を大幅に削減できるようになりました。

もちろん保証限度額内で保証が受けられる契約になっているため、万が一取引先に対する債権が貸倒れてしまった場合でも大きな損失を被ることはありません。
これにより、安定した輸出が可能になり、ファクタリングの活用によって課題を解決できた会社がありました。

ファクタリングは輸出業のリスクを細分化できる


このように、輸出業には国内事業とは異なる理由から資金繰りが必要になる背景があります。
今までは貿易信用状を用いて取引の安全性が担保されてきましたが、最近では送金ベースの決済が主流となっています。
また、取引の迅速化や簡便化に伴って貿易信用状を使った取引は減少しています。

そこでこういった問題を解決するためにファクタリングが活用されています。
ファクタリングを上手く利用すれば、輸出業に存在するリスクを最小限に抑えることが可能です。