ファクタリングの会計処理が知りたい!勘定科目は何になる?

「ファクタリング」は、正しいタイミングで正しい科目により計上しなくてはいけません。売掛債権の発生から債権売却譲渡までのタイミングと、帳簿に計上するときに必要な勘定科目を覚えておくことで、ファクタリングに掛かる費用を経費として計上できます。

仕訳のタイミングと種類

ファクタリングの仕訳タイミングは細かく分かれています。

  • 売掛金発生
  • 売掛金譲渡
  • ファクタリング会社からの入金
  • 売掛金決済時
  • 売掛金入金後ファクタリング会社に送金

取引債権の金額は500万円と仮定してシミュレーションしてみましょう。

1.売掛金発生

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
売掛金 500万円 売上

(課税対象取引)

500万円

売掛金が発生した時点でのポイントは「課税対象取引」である点です。
消費税の課税対象となります。

2.売掛金譲渡

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
未収金 500万円 売掛金 500万円

契約から入金までの期間は未収金として計上します。

3.ファクタリング会社からの入金

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
普通預金 400万円 未収金 500万円
売掛債権売却損

(非課税)

100万円

売掛債権売却損とは、ファクタリング時に発生する「手数料」や「印紙代」などの事務経費が該当します。

会計ソフト上「売掛債権売却損」で計上できない場合は「支払手数料」や「雑損失」の他「債権割引料」での項目で処理してください。

4.売掛金決済時

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
普通預金 500万円 売掛金 500万円

取引先から売掛金の入金を受けたタイミングです。

ファクタリングをしたからといって、勘定科目などに変更はありません。

5.売掛金入金後ファクタリング会社に送金

借方勘定科目 金額 貸方勘定科目 金額
未収金 500万円 普通預金 500万円

普通預金に入金された売掛金をファクタリング会社へ送金する場合です。

「3.ファクタリング会社からの入金」の逆になります。

売掛債権売却損は貸方であるファクタリング会社に請求できないため「4.売掛金決済時」で普通預金に入金された売掛金をそのまま未収金として送金します。

手数料は経費・損金算入で処理する

ファクタリングの概要は?一体どんなサービス?

ファクタリング手数料は条件付きで経費(売掛債権売却損)にできます。

  • ファクタリング会社が買い取った売掛金を自由に第三者に売却譲渡できること
  • 売却した債権をまた買い戻す必要がないこと

この2つを契約条項として締結していれば、ファクタリング手数料の経費にできます。

決算時の区分表示

決算時の区分表示は「営業外費用」となります。資金運用することで発生する損益にあたるため、営業外費用で計上してください。

会計処理は発生したタイミングで適切な計上が必要

ファクタリングは、取引内容に係る内処理が発生したタイミングで、計上しなくてはいけません。

帳簿処理が面倒だからと、後からまとめて売掛金と普通預金の行き来だけで行なっては、売掛債権売却損として経費計上もできなくなります。

適切な処理で経費計上、処理計上をしてください。