ファクタリングにおける成功例【アパレル業】

近年ではファストファッションなどが流行したこともあり、アパレル業界は私たちの身近な存在となりました。
そしてアパレル業界でも現在ファクタリングによる資金繰りが多く利用されています。
今回は、アパレル業界でファクタリングが活用される理由と、その成功例を紹介していきます。

アパレル業でファクタリングの活用が有効な理由

” rel=”nofollow”>
アパレル業は、金銭債権が現金になるまでに時間が要するという特徴があります。
メーカーからの受注に対応するために、大量の在庫を倉庫内で保有しなければならないケースが多く発生します。
そのため、経営状態が年間を通して良好であるような起業でも、一時的に資金繰りが悪化しまうことがあるのです。

また、製造から販売までを手間が多く、もし製造の段階で何か問題が起きると、その期間の売上減の対応に時間や費用がかかるリスクがあるのもアパレル業の特徴です。

例えば、製造工場でストライキなどのトラブルが起こり、従業員の賃金を上げる要求に応じたようなケースがあると仮定します。
この場合、追加の費用が必要となり、製造の費用が増加すればそのための資金も更に必要です。
加えて、衣服はシーズンによって移り変わりが激しく、流行には並がもあるので、在庫を抱えてしまうとその費用を回収することも困難です。

このような背景もあり、アパレル業は資金がショートしやすい職種ということが言えます。

アパレル業でのファクタリングを利用した成功事例

” rel=”nofollow”>
衣服を製造するための複数の工場を運営している会社がありました。
海外にも工場を構えており、海外の工場では現地の住民を雇って経営を行っています。

そのような状況の中、海外の工場でストライキが起こってしまい、賃上げの要求がありました。
もともと労働者のストライキの可能性は想定しており、長期的に見れば用意はあったので問題はありませんでした。
しかし、現在受註を受けている案件の分は、なんとしても納期までに製造を完了させなければなりませんでした。
万が一製造がストップになれば、販売先のお店の経営は危機に直面します。

メーカー側からの発注内容が決まってからまた工場を稼働させる為には実質的に2週間程度の期間が必要で、一日も時間を無駄にすることはできません。
万が一お店側の要求通りに商品を揃えることができなければ、今まで積み上げてきた信用も無くなってしまうので、ストライキを収める為、速やかに労働者たちの賃上げに応じることになりました。

しかし、資金繰りに余裕が無い状態だったため、すぐ資金調達が見込めるファクタリングを選択しました。
審査の時間もかからずにすぐ結果が出たので、迅速な対応が可能なファクタリングは有効な方法でした。

結果としては従業員の要求に応じることができて問題は解消し、販売先とも取引を継続するできた会社がありました。

このように、海外でのストライキなど、緊急事態の際にまとまった資金が必要になるケースも存在します。
金融機関から融資を受ける方法は、審査結果が出るまでどうしても時間がかかることが懸念されます。
緊急でお金が必要になった場合、ファクタリングは資金調達にとても有効な手段と言えます。
よって、目的に合わせたファクタリングの検討をおすすめします。