自営業は融資に頼らずファクタリング!債務に追われない事業運営

業種によって、起業時に大きな資本金を用意しておかなければならないケースがあります。しかし、起業前から支度金を用意できる起業者ばかりではないため、銀行へ事業計画書の提出をし、立案に銀行が納得した上でまとまった金額の融資を受けることができるようになります。
もちろん、この事業計画そのものが受け入れられなければ融資を受けることができません

起業資金を融資で賄った場合、向こう数十年という返済期間が発生します。起業後に事業が軌道に乗るまでの予備費も併せて、事業計画書の概算見積もりを作りますが、あくまでも起業のために必要な資金となるため、事業全てを完璧に運営するための金額ではありません。

返済期間内であっても、事業内で赤字が出ようと返済は続けなければなりません。その場しのぎで追加融資を受けることもできますが、負債に負債を重ねるということは、これまでの返済分が一瞬にして無に帰すことになり、下手をすれば当初より負債額を膨らませることとなってしまうのです。

自営業が融資に頼るべきではない理由

自営業の場合、法人ではないため与信面で不利なスタートとなってしまいます。また、事業不振に陥った瞬間、即時一括返済に発展してしまうまでの期間がとても短くなってしまうことさえあるのです。

法人の場合、法人登記している時点で即身動きできる状況になく、融資する側としても回収不能になるまでに期間が必要な状況であることが理解できています。つまり、すぐに経営陣がいなくなってしまうことはないと、予め動き方を監視・管理できる事業体なのです。

しかし、自営業は数分後にいなくなってしまっていてもおかしくない不確定因子であり、事業者の意思によって焦げ付かせたまま雲隠れがとてもしやすい事業体という認識ができるのです。

ほんの少しでも事業不振が見込める場合、銀行は躍起になって回収に動き始めます。今後確実に回収見込みが立つ場合は、追加融資や返済期日を延ばすなどの対策も受け入れてくれますが、基本的に自営業者への目は厳しいのです。

自営業者こそファクタリングを利用すべき

【ファクタリングは何?】売掛債権の買取サービス

自営業者は法人からも下に見られてしまいます。細かい取引の際には即金で取引してもらえていても、ある程度まとまった取引になってくると売掛取引へと移行されてしまいます。その際、絶対に取引会社からの売掛債権が期日通り支払われるという保証はどこにも存在しないのです。

しかし、納品するためには事前に仕入れなどで料金発生してしまっています。売掛債権を回収できないまま支払日を迎えてしまい、不渡りを起こしてしまえば大変な事態につながってしまうのです。

融資で賄えば負債として経理処理され、利息と返済に追われなければならなくなります。だからこそ、自営業者はファクタリングを有効活用すべきなのです。

ファクタリングで資金調達すれば、一切の負債を背負う必要がなくなります。手数料を差し引かれるだけで、持ち出しの支払いもありません。

単純な売買取引である2社間ファクタリングと、より確実な与信でやすい手数料で取引できる3社間ファクタリング があります。

融資で負債を抱えるのではなく、ファクタリングでクリーンな事業を心掛けてください。