ファクタリングとでんさいは何が違う?特徴を知って効率的な資金調達をしよう!

ファクタリングと電子決済(通称でんさい)
混同される事も多いですが、全く異なるサービスです。

ファクタリングは、売掛債権を売買する行為であり、返済義務を一切負わない商取引です。

ファクタリングとでんさいの特徴を知り、ビジネスに役立てください。

ファクタリングは売掛債権売買という資金調達の手法

ファクタリングは売掛債権の売買です。

売掛債権をファクタリング会社に買取ってもらう事で、後に入る予定だった利益を即座に現金化できる取引です。

製品やサービスを提供しても、支払い日まで時間が掛かってしまうのが売掛取引の大きなデメリットです。支払いの都合上すぐに資金調達をしなければならない場合、期日まで待っている余裕はありません。

ファクタリングで即座に現金化することで、緊急的な資金調達が可能なのです。

でんさいは債権の証明書類の電子記録化

でんさいとは「電子記録債権」の事です。

売掛金や手形など「紙のみ」で交付されていた債権の証明書類を電子記録化し、債権の証明書類などは、でんさいネットというネットワークで管理されます。株式会社全銀電子債権ネットワークが運営し、参加している金融機関で利用可能です。

既存の銀行システムを利用するため、安全性が高く、債権譲渡通知も不要です。

電子記録で管理される事で、帰属や債権の有無が明確になります。

ファクタリングとでんさいが混同される理由

ファクタリングとでんさいは、共に「売掛債権の譲渡」ができるため混同されがちです。

でんさいとファクタリングはどちらも支払期限の前に資金調達ができ、でんさいはファクタリング会社に売却もできるのです。

それでもこの2つには大きく異なる点があります。
ファクタリングはあくまで「資金調達の手法」で、でんさいは「制度・システム」という点です。

でんさいは不渡りのリスクがありファクタリングにはない

ファクタリングとでんさいは、貸し倒れリスクの有無という点にも違いがあります。

条件によりますが、ファクタリングは償還請求権が無い場合が多く、債務者が支払不能になるとファクタリング業者がリスクを負う形です。

一方、でんさいは元の債権者が保証人になり、銀行から貸付金を受け取る形となっています。保証人になっていますから、債務者が支払えなかった場合元の債権者は支払いを求められるのです。

同様の取引では「回し手形」などが存在しますが、ファクタリングであれば返済リスクはありません。

ファクタリングとでんさいの違いを知り賢く資金調達

ファクタリングもでんさいも、素早く資金調達したい場面で頼りになるサービスです。

しかし、でんさいはまだ一般的ではなく、会計処理で混乱するリスクは考えておかなければなりません。また、利用したくても、取引先がでんさいを利用していなければならないという限定条件が存在します。

現段階において、資金調達にはファクタリングに勝る緊急金策はありません