ファクタリング掛け目は手数料or事務経費?今さら聞けない掛け目を徹底解説

売掛債権をファクタリングで現金化する際、債権総額の全てを現金化はできません。ファクタリング会社の取り分となる手数料も含まれますし「掛け目」も存在します。

掛け目とは経理用語で「担保としての評価率」ですが、ファクタリングは融資ではないため、売掛債権は担保にはあたりません
では、どうしてファクタリングに「掛け目」という言葉が使われるのでしょうか。

ファクタリングにおける「掛け目」とは?

ファクタリングにおける掛け目とは、回収リスクを加味して買取できる金額を計算するときの割合を指します。

例えば、医療ファクタリングの場合、取引先は国民保険組合や社会保険組合になります。余程のことが無い限り、倒産する可能性はありません。

回収リスクも低く、確実に回収が見込めるため、掛け目は90%以上が可能なのです。

逆に取引先が中小零細企業の場合はどうなのでしょうか。

経営状態が不安定で、ちょっとしたイレギュラーな経費が発生すると倒産してしまうような企業の場合は、回収できない可能性がある、つまり回収リスクが高いと判断されるのです。そのような場合、掛け目は60%~70%まで落ちこんでしまいます。

ファクタリングにおける掛け目は、売掛先の財務状況や経営規模に左右されるのです。

掛け目と手数料はイコールではない

ファクタリング会社によっては、ファクタリング手数料に掛け目を含んでいる場合もあります。

これは大きな間違いです。

ファクタリングの掛け目と債権総額の差は「留保金」や「一時仮抑え金」と呼ばれています。分かりやすくいうと「売却済み債権が回収できるまでの保証金」です。

ファクタリングした債権の回収が無事に行なわれた段階で、この留保金から手数料などが差し引かれて利用者に支払われるのです。取引先の倒産などで債権の回収ができない場合は、清算が行なわれず、ファクタリング会社の債権回収の一部になります。

掛け目はファクタリング手数料に含まれるという契約内容であれば、そのファクタリング会社は悪質な業者である可能性があります。「掛け目」と「留保金」そして「ファクタリング手数料」はそれぞれ別の意味を持つ言葉であることを覚えておきましょう。

掛け目はファクタリング会社のリスクヘッジである

ファクタリングに掛け目という言葉が使われているのは、ファクタリングという言葉自体、あまり浸透していないのが理由です。融資や手形のような金策ではありますが、それらとは全く毛並みが異なるのです。

ファクタリングは、売掛債権の回収不能リスクもファクタリング会社に売却できるメリットもあります。しかし、それではファクタリング会社の負担が大きくなってしまいます。

だからこそ、掛け目と手数料を設定して回収不能に対するリスクヘッジを行なっているのです。

掛け目を踏まえてファクタリング契約をする

ファクタリング会社を選ぶ際に重要なのは「手数料」ですが、1円でも多く、そして早く現金を調達したい場合は掛け目についてもチェックしなくてはいけません。

1000万円の売掛債権の内、必要な現金が900万円の場合、手数料は5%であっても掛け目が80%では、契約した段階で800万円しか手に入らないということになります。

必要な資金はいくらなのかを明確にしたうえで、手数料や掛け目の確認を行なってください。