介護報酬債権ファクタリングとは

ファクタリングの中には、「医療ファクタリング」という医療機関だけが利用可能なサービスが存在します。
医療ファクタリングは資金調達や資金繰りを効率よく見込めることから、医療機関にとってとても重要な役割になっています。

その医療ファクタリングは1つだけではなく、複数の種類があります。
そこでこの記事では、介護報酬債権ファクタリングにおいて、仕組みやメリット等について解説していきます。

医療機関がファクタリングを必要とする理由


医療ファクタリングとは、病院や調剤薬局、歯科医院などの、医療機関が持つ医療報酬をファクタリング会社が買い取って資金調達をすることを指します。
医療機関が診療報酬を受け取ることができるのは、通常だと約2ヶ月の期間が必要です。
診療報酬のうち、7割の部分が2ヶ月後に入金されます。
よって、その間は3割の診療報酬のみで経営しなければならないのが、医療機関の厳しい現実です。

その状況の打開策の一つが医療ファクタリングです。
それでは、その医療ファクタリング中でも、介護報酬債権ファクタリングの概要についてご説明していきます。

仕組みと流れについて


流れとしては、介護報酬債権をファクタリング業者が買い取って、その後に介護報酬債権を回収するという形になっています。
介護報酬が支払われるまでは一般的に約2ヵ月日程度の時間がかかります。
しかし、介護報酬債権ファクタリングを活用すればそのタイムラグがなくなるため、速やかに資金を手に入れることが可能になります

介護報酬債権ファクタリングの仕組みは、

  1. 利用会社が介護サービスを提供した後、介護報酬費用として国保に請求。
  2. その介護報酬債権の買い取りをファクタリング会社に依頼。
  3. 国保、または社保に介護報酬債権を売却する旨を伝え、お客様と社・国保とファクタリング会の3社でファクタリング契約を結ぶ。
  4. 手数料を引いた買取代金が、ファクタリング会社から指定の口座に振り込まれる。
  5. 国保から約2か月後に、ファクタリング会社へ介護報酬が支払われる。

このような形で流れが進みます。

メリットとデメリット

介護報酬債権ファクタリングのメリットとデメリットについてもご紹介します。

介護報酬債権ファクタリングを導入して資金調達を行った場合、帳簿上には「借入金」ではなく「売掛金入金」として計上することが可能です。
従って、介護報酬債権ファクタリングによって手元に入った現金は、「すぐ売掛金が入金された」と帳簿に記載できるメリットがあります。

反対にでデメリットとしては、入金と支払の順番が入れ替わるということがあります。
これにより、一度利用して場合はなかなか元に戻せないという点があります。
通常ですと、人件費や賃料、医薬品仕入費用などの支払いから、介護報酬の入金という流れになります。
しかし、ファクタリングを使用した場合は、介護報酬の入金から、人件費や賃料、医薬品仕入費用等の支払いと、順番が替わります。
これにより、元のサイクルに戻すためには数か月分の経費を資金として保有しておく必要があるのです。

介護業界の正常化に繋がる


医療ファクタリングはどんどん増えている傾向にありますが、未だに知られていないことが多くあります。
介護現場の正常化は、現代においてとても重要な役割を担っています。無理をしない安定的な介護従事者の雇用環境を整えましょう。