ファクタリングは即日資金調達できる!取引の流れを知ってファクタリングに臨もう

ファクタリングを利用する際、融資とは違い「返済」という責任を背負うことはありません。そのため、安心して資金調達の手段として選択できます。

ファクタリングをスムーズに成約させるためにも、十分な準備をしておくことをおすすめします。確実な準備をして手堅くファクタリングを成功させましょう。

ファクタリングに必要な準備について

まずは、あなたが取引しようとしているファクタリングの種類について、要点を押さえて理解しましょう。

  • 2社間ファクタリング

利用者とファクタリング会社で行う取引です。取引会社との関係性と取引履歴が確認できることが契約成立の最低条件になります。
なお、この取引では取引会社にファクタリング利用の事実を知られません。そのため、取引上の関係性は一切傷つきません。

  • 3社間ファクタリング

利用者とファクタリング会社、さらに取引会社が揃った状態で行われる取引です。ファクタリング会社にとって確実な入金という保険が確保できるため、取引手数料が安く抑えられます。
3社間ファクタリングを成立させるためには、取引会社に同行してもらわなければなりません。

ファクタリング取引の流れ

  1. ファクタリング会社への連絡
    ファクタリングの意志が固まったら、できるだけ早く連絡しましょう。早期行動が事業を左右することさえあります。
  2. ヒアリング
    ファクタリングに至った経緯や、取引先との取引履歴などを簡易的にヒアリングします。売掛債権の有無は最低限必要な取引条件です。
  3. 書類審査
    必要書類を提出し、取引を行うかの審査をされます。審査はとてもスムーズで、準備した書類に不備がなければ1時間ほどで審査が完了します。長くても1営業日中に完了します。
  4. 契約結果
    取引状況などを加味した上での審査後、ファクタリングするかどうかの結果が伝えられます。提出した書類だけでは取引できない状況の場合、他にも書類を求められるか、もしくはここで打ち切りとなります。
  5. 入金
    ファクタリング契約が成功した場合、即座にあなたの口座へと入金があります。その際、ファクタリング取引手数料が差し引かれ、振込手数料は利用者持ちの場合がほとんどです。

落ち着いて準備するには手順を知ろう

ファクタリングは手形のような危険性がありません。あなたが発行する取引先への請求書を売買するため、取引完了後あなたに残るのは負債ではなく資産だけです。

無借金で事業を円滑に回すためにも、ファクタリングを資金調達方法の一つとして採用することをおすすめします。