ファクタリングにおける成功例【広告業界】

広告業界の中でリスティングやフェイスブックの広告運用や、サイト制作を行っている会社は入金が遅くなる場合がよくあります。
案件の依頼が増加すればするほど、先に支払わなければならない金額が増加します。そのため、黒字倒産になりやすいケースも増えているのが現状です。

今回は、広告業界でのファクタリング成功事例をご紹介していきます。

広告業界でもファクタリングが増えている理由


広告業界の方がファクタリングを利用するケースは増加傾向にあります。
その大きな理由は、資金繰りの悪化を改善するためです。

広告業界では、特にリスティングやフェイスブック広告運用の他、サイト制作を行っている会社で入金が後払いになる会社がファクタリングを利用する例が増えています。

例えばサイト制作会社であれば、納品後や検収後に入金が行われるケースがあります。
つまり、それまではお金が入ってこない状況が続くので、資金繰りの効率は非常に悪くなるのです。
他にもリスティングやフェイスブックの広告運用をメインにしている会社であれば、その運用費を立替える必要がある状況も出てきます。

このような状況下で取引先が増えると、立替え金が先に大きくなってしまい資金繰りに悪影響を及ぼします。
この資金繰りを改善するために、ファクタリングを利用する広告代理店が増えているのが現状です。

手形取引からファクタリングへ


広告業界、特に広告代理店では、以前は手形取引が高い需要を占める業種でした。
しかし、手形割引の場合、取引先の経営状態により不渡りが出た際に、利用者は返金をする義務が生じてしまいます。
こういったセキュリティや信用面を考慮して、現在では手形取引は非常に少なくなり、徐々に手形取引を廃止するという企業が増えているのです。

広告代理店がファクタリングを利用した成功事例


上記のような背景もあり、「手形ではなく掛け払いに変更したい」と、クライアントから要望を受けた会社がありました。
長く付き合いのあるクライアントということもあり承諾されましたが、長い間にわたり手形取引を続けていたので、すぐに移行するは難しい状況でした。

そこで、その会社は手形割引からファクタリングへ移行する手続きをする運びとなりました。
手形を銀行に買い取ってもらうことを「手形割引」と呼びます。
ファクタリングでは債権の売却先が銀行からファクタリング会社となるだけなので、取引形態は以前と変わることはありません

そのため移行はスムーズに完了し、問題なくファクタリングを進めることができたのです。
更に、クライアントが理解を示してくれたことにより、買取代金が高くなりやすい3社間取引のサービスを利用することができました。
それにより、引き続き安定的な資金繰りを維持することに成功した会社がありました。

このように、時代の流れとともに資金調達の方法が変遷する中でも、ファクタリングは有効な手段となります。

時間をかけて資金調達をしても間に合うのであれば、日本政策金融公庫からの借入検討することも方法の一つです。
しかし、もし時間がない状況ですぐに資金が必要であれば、ファクタリングを行うことも有意義な選択肢になっています。