こんなこともある!?ファクタリングで遭遇するトラブル

一般的に、ファクタリングでは資金調達後にファウタリング会社とやりとりをすることはありません。しかし、時にはファクタリング会社の方から連絡がくることがあります。
その多くは、取引の中で発生するトラブルに起因するものがほとんどです。

ファクタリングの中で遭遇する可能性があるトラブルを未然に知っておくことで、詐欺被害やファクタリングトラブルの防止に心掛けてください。安全にファクタリングできるようにしましょう。

二重譲渡によるファクタリングトラブル

売掛債権の二重譲渡は大きなトラブルになります。できる限り良い条件でのファクタリングを望むのは当然のことです。その上で相見積もりを取るのも至極自然な成り行きになります。

しかし、ファクタリング会社のレスポンスによっては、売掛債権を持ちかけた時点で契約が締結してしまうケースがあります。

ファクタリング会社としては、1つの債権に対する利益を上げることに必死に動くのも当然です。舞い込んだ売掛債権を早々に仮契約し、手数料を差し引いた金額をすぐに振り込むようなステップを一方的に決定してきます。
この一方的な契約も、事前に様々な通知事項が存在した上での契約になるため、詳細説明をしっかりと読み込まなかった利用者の不備になります。

最悪の場合、相見積もりをかけたファクタリング会社とも同時契約になってしまい、横領罪や背任罪として多額の損害賠償金を請求されるという事態にも発展してしまいます。
必ずファクタリングの際は、提示された契約書面を熟読しましょう。

契約書発行の省略化

契約書を結ぶことで全ての契約内容を証明することができます。しかし、ペーパーレスを主張し印紙税を節約しようとするファクタリング会社も存在します。
しかし、契約書はどんな理由があったとしても必ず作成してもらいましょう。
契約書を作らずにファクタリングを契約してしまった場合、売掛債権だけを奪われてしまったり、資金調達はできても売買契約ではなく融資契約だと主張されてしまうことがあります。

ファウタリングは売買契約であり、決して融資契約ではありません。しかし、契約書が存在しないことでファクタリング先の主張が一方的に通ってしまうこともあり得るのです。
もしファクタリング会社がヤミ金であった場合、一方的に融資契約だったというこじ付けを受け、返済や利息の請求を受けることもあるので注意しましょう。

取引会社からの支払い不履行

ファクタリングにかけた売掛債権は、支払い期日前に利用者の手元に現金がないってきます。しかし、売掛債権に対する対応は利用者ではなく取引会社が行うことになります。そのため、利用者は資金調達が済んでしまった後にファクタリング会社への働きかけは何もなくなるのが通常です。

しかし、取引会社が支払い期日を守れなかった場合、ファクタリング会社は利用者に取引会社への取次や支払いの催促を仲介するように働きかけてきます。

貸金業ではないため、ファクタリング会社は債権の取立て業務を行いません。そのため、今後も事業取引が継続されるであろう利用者に、売掛債権の支払いを取引会社へ働きかけてもらうのです。
また、今後もファクタリングしていく上で、利用者はこの要請を無碍に断れないという状況でもあります。

売掛債権が正常に支払われない場合、今後のファクタリングは難しくなるので注意しましょう。

トラブルを未然に防ぐことは安全なファクタリングへの第一歩

ファクタリングは、利用者だけでなく取引会社やファクタリング会社そのものの細かな注意によって、安全な取引にも危険な取引にもなり得ます。
少しでも安全性を確保するためには、それぞれがファクタリングに対するリスクをしっかりと把握しておく必要があるのです。