ファクタリングが銀行融資より優れている理由!困ったときの融資はあてにならない!

色々な事業者の考えがあり、資金繰りに困ったときにはまず「融資!」と考えることも悪くはありません。それで危機的状況を乗り越えられるのであれば、それはそれで高い案の一つとして捉えられます。

しかし、全ての会社にその答えが当てはまるわけではないということもしっかり理解しておかなければなりません。

融資を受けるには条件があり、条件から漏れている場合は融資すら受けることができないのです。

融資を受けるための条件って?

銀行という存在は、事業を遂行していく上でなくてはならない存在です。開業時、さまざまな案を提示して開業融資を受けて事業発信するというのも常道になっています。
事業の回転がスムーズで景気が上向いている状態の場合、銀行は自ら擦り寄ってきて融資の話を持ち出します。それが仕事であり、銀行が銀行として利益を上げていく手段の一つだからです。

さらに、受けた融資を定期的に決められた返済スパンで終わらせているという「信用情報」も、融資に値するかの尺度になります。
現状受けている融資に対し、期日遅れや先送りになっている時期がないのか。または、他の金融会社から立て替えていないかなどの情報で、今後の融資に対する担保を計算するのです。

今持っている事業の信頼性と成長見込みが融資を受けるための条件ということになります。

困ってる時にほど銀行融資は受けづらい!?

事業が上向きな時期には自ら擦り寄ってくる銀行ですが、少しでも下向きになった場合には異常に発達した嗅覚をもって疑惑の目で立ちはだかってきます。

  • 「今のままで大丈夫なのか」
  • 「抵当権を行使させてもらう準備をします」
  • 「一括返済してください」

何一つ不思議なことではないのです。
銀行も貸し倒れするわけにはいきません。一つの取引先が潰れてしまうだけでも大きな金額が負債としてのしかかってきてしまいます。
これからまだまだ成長が見込める会社であっても、その先にある取引会社の事業不振が全てを台無しにしてしまうことを理解しているのです。
いかに順調に回転させられるだけの提案ができたとしても、取引会社が潰れてしまうようなことになれば、机上の空論で終わってしまう事業です。

そして、現状の事業が上手く回らないからこそ、現金を手元に置いておきたいと考えるのが事業者の当然の考えです。
従業員への支払い、経費の支払い、月々の返済、翌月の仕入れなど、出費の原因はいくらでも出てきます。
事業者として、それらに対応していく必要があるのです。

しかし、そこで銀行は手を貸してくれるという保証は一切ありません。

むしろ牙を剥いて返済を早めるように捲し立ててきます。
新たな融資を打診したところで、本当に回収できる目処がない限り追加融資は難しくなるのです。

ファクタリングが融資より優れている理由

銀行系ファクタリング会社の特殊ファクタリングを上手に使う方法

ファクタリングは融資とは違い、今現在持っている売掛債権を売却することで資金を得られます。
融資を簡単に言ってしまえば「Aを預けておくからまとまった資金を貸してほしい。借りた分は利子をつけて後で返すから。」という自分勝手な資金調達方法なのです。

しかし、ファクタリングは「Aは金額が決まってるから買ってくれ。今買ってくれるなら多少手数料は引いてくれていいよ。」という等価交換が原則の取引であり、収益自体をやり取りしているので回収の必要すらないのです。
等価交換で用立てるために必要な手数料がファクタリング会社の利益分となり、等価交換だからこそ融資ではないという判断をされるのです。

なぜ等価交換といえるのか?

「手数料を差し引かれるのだから等価交換ではない」という考え方もできますが、事前事業ではないためファクタリング会社もこの取引で利益を上げなければ事業として成り立ちません。

手数料を含めた総額でAという債権と同額であるならば、利用者に対し損をさせていることにはなりません。
この際、たとえ1円でもAの債権に対する金額より安い金額での支払いとなった場合、それは「担保」として扱われてしまい「貸金業」という判断をされてしまうのです。

可能性を考えるならば資金繰りに困った際にはファクタリングが有利

融資にはかなりの時間が必要です。
担保を用意し、審査をされ、社内で検討された後に結果を告げられる。

しかし、必ず資金調達できるわけではなく、下手をすれば審査中に事業が立ち枯れてしまう可能性も十分にあるのです。

売掛債権を手元に残している状態であれば、早々にファクタリングすることをおすすめします。
銀行に融資を打診するよりも、ファクタリングで現金化してしまう方が圧倒的にタイムロスを削減できるのです。