金融機関(銀行)のファクタリング審査は厳しい 資金調達しにくいことも

銀行系のファクタリングは審査が厳しく、利用できないケースが多々あります。理由としては、銀行系のファクタリングは会社の経営状況などを審査で確認しており、危ない経営をしている会社にはファクタリングを実施してくれないのです。

資金調達を考えている企業にとって、ファクタリングは資金繰りに困っている際に使う方法です。困っているのに銀行に相談すると審査で落とされる可能性があります。困ったら銀行以外で実施するファクタリングを使ってみましょう。

銀行系のファクタリングは審査を実施している

銀行系のファクタリングでも審査を実施しており、経営状況や売掛金の安定性などを確認しています。銀行以外の会社が実施しているファクタリングの場合は、経営状況の審査等は実施されないため、銀行の方が圧倒的に審査が厳しいのです。審査に落とされる可能性があると考えられるなら、銀行系のファクタリングを使わないほうがいいでしょう。

ファクタリングは売掛金の安定性があれば問題なく実施できるのですが、銀行は企業の経営状況が良くなかった場合、審査で融資ができないと告げて断ってきます。ファクタリングという金融商品だとしても、銀行から出した金額が回収困難となる可能性があるため、経営状況が悪いなど、銀行側がリスクと考える項目が審査で見つかると審査に落とされる可能性が高まります。

資金調達のためにファクタリングを実施したいと考えている時、ファクタリングを銀行が認めてくれないのはかなり厳しい状況と言えます。資金調達の可能性があったのに、経営が赤字だった、問題を抱えている企業だったと判断されるだけで審査に落とされ、ファクタリングができないのです。

本気でファクタリングを考えているのなら、銀行系のファクタリングを利用することも候補に入れつつ、一般のファクタリング業者にも声をかけ、どちらが現実的に資金調達をすることができそうか判断したほうがよいでしょう。

銀行系ファクタリングが審査をする背景

銀行系のファクタリングが審査をしている背景には、ファクタリングを何度も利用する側面で審査している傾向があるからです。ノンバンクのファクタリングの場合、その都度ファクタリングサービスを利用する方法を採用していますが、銀行では定期的にファクタリングをするものと考えています。その結果、ファクタリングの審査が厳しくなり、場合によっては審査落ちを受ける可能性があります。

ノンバンクのファクタリングであれば、売掛金の安定性、そして確実に売掛金が回収できるという判断さえできればすぐにファクタリングが実施されます。つまり審査というより確認作業さえ取れればすぐに売掛金は現金に変えられるのですが、銀行ではその都度のファクタリングを実施すると考えていないため、他の審査が追加されます。

銀行は長くファクタリングサービスを利用するものと考えているため、その都度ファクタリングを実施する方法と違い経営状況の安定性も求めています。経営状況が不安定で、明らかに定期的な売掛金が提供されないと判断されれば、ファクタリングを実施する必要がないと判断してしまいます。その結果、審査落ちを受ける企業が出てしまうのです。

銀行系ファクタリングの審査では何を見ている?

銀行系ファクタリングの審査では、以下の項目を確認しています。

・企業の経営状況
・売掛債権の安定性
・継続して利用する意思があるか

以上の項目を審査しています。売掛債権の安定性は他のファクタリングでも確認作業を取っていますが、その他の項目は銀行系のファクタリングだけが審査している項目です。銀行系は色々な項目を確認して、本当に安心できる状況が作られないとファクタリングに応じてくれないのです。

審査項目がノンバンク系のファクタリングよりも多いので、銀行系はしっかりと審査基準を満たさないといけません。場合によっては審査に落とされる可能性も十分にあります。審査に落とされる問題を作らないためにも、経営状況や継続して利用する意思をしっかり示さなければなりません。

ここからは審査項目について詳しく説明します。

企業の経営状況

まずは企業の経営状況を審査しています。銀行系は赤字経営や債務超過状態の企業に融資をしない方針を取っていますので、赤字経営や債務超過が出ている時点でファクタリングは利用できません。ファクタリングを使うのであれば、健全な経営が求められます。

ノンバンクのファクタリングは、1度だけファクタリングを使うものと考えているため、経営状況は審査の対象になりません。赤字経営でも債務超過でも全く問題なく売掛債権を売却できます。しかし、銀行は長く利用するファクタリングサービスを提供するため、企業の経営状況が悪いとファクタリングが使えなくなると危惧しています。

銀行としては経営の安定性が一番大事だと考えているため、経営の安定性がしっかり確保できない状況ではファクタリングを使えません。赤字経営や債務超過によって、大半の企業がファクタリングを断られてしまい、資金調達に苦戦する可能性があります。

売掛債権の安定性

どのファクタリングを利用しても確認される項目です。売掛債権の安定性がしっかり確保されており、最終的に売掛金がしっかりと振り込まれるのか確認します。ノンバンクのファクタリングでも、売掛金の安定性が確保できないとファクタリングは実施されないため、取引している企業の経営状況などは重要だと考えてください。

安定した企業から売掛債権を受けっているなら、この項目に引っかかって審査に落とされる心配はありません。売掛金が予定通りに振り込まれるようなら、問題なくファクタリングは実施できるのです。

継続して利用する意思があるか

銀行としては単発の契約では利益があまりでないと考え、長期的な契約を希望してきます。その結果、長期的な利用をしないと判断される企業に対してファクタリングを実施しないケースがあります。より長く契約し、売掛債権を毎月のように譲渡するような状況を作らないと審査を通過できないのです。

単発の契約を嫌がる傾向にある銀行は、その場しのぎのファクタリングも嫌がってしまいます。多くの銀行が複数回のファクタリングを利用する前提でなければ審査を通過できないのです。この長期契約という部分が影響して、審査を通過できない状況も起こりやすいのです。

銀行よりもノンバンクのファクタリングを狙おう

銀行系のファクタリングは、経営状況が安定している大企業しか使えません。経営状況が不安定な中小企業や個人事業主では銀行系のファクタリングは使えない可能性が高く、審査を受けても落とされてしまいます。確実にファクタリングを使うなら、ノンバンク系のファクタリングを使ってください。

ファクタリングでもノンバンク系は審査がほとんど実施されておらず、経営状況が不安定な中小企業や個人事業主でも確実にファクタリングが実施されます。さらに1回だけのファクタリングも可能なので、長期的に付き合う必要もありません。安心してファクタリングができるのはノンバンク系のファクタリングなのです。

銀行ファクタリングは審査が厳しい!審査を通過できないなら他を狙うこと

銀行ファクタリングは審査が厳しく、審査に落とされる可能性も高くなります。審査に落とされたくないと思っているなら、最初から銀行系は狙わないほうがいいでしょう。特に経営状況が不安定な会社は銀行のファクタリングを使わないほうが安心です。

ファクタリングは銀行系以外でも実施されています。ノンバンクのファクタリングを使えば審査をほぼ受けずに資金調達が期待できます。他のファクタリングを検討し、確実に資金調達できる道を探りましょう。