ファクタリング用語集

ファクタリングは、近年の台頭ですっかり資金調達の一つの方法として認知が広がってきました。
しかし、ファクタリングを検討している時に、見覚えのない専門用語が出てくることはないでしょうか。
今回は、ファクタリングを検討するうえで押さえておきたいファクタリングにまつわる用語についてご説明いたします。

ファクタリング用語集


それでは、ファクタリングを考えるうえでよく見かける用語についてご紹介していきます。

売掛金(うりかけきん)

売掛金とは、売上金の帳簿上で、未集金の対象を指します。
一般的には1ヶ月単位で請求し、それに対して請求された相手先が支払いを行います。

売掛金回収(うりかけきんかいしゅう)

売掛金回収とは、販売した商品の代金を回収、または、支払いをしてもらうことを意味します。

売掛金買取(うりかけきんかいとり)

売掛金買取とは、ファクタリング等、売掛金を買い取って現金化する仕組みを指します。

売掛金手数料(うりかけきんてすうりょう)

売掛金手数料は、ファクタリングなどの買取をする際に発生する手数料を意味します。

企業格付け(きぎょうかくづけ)

企業の格付けとは、主に企業の信用状態に関する評価を、階級や数字等で示す仕組みのことです。別名を「信用格付け」とも言います。

銀行融資(ぎんこうゆうし)

銀行融資は、銀行が融資を行うローンを指します。
具体的にはカードローンや教育ローン、住宅ローン、事業者ローン等の種類があり、消費者金融よりも低金利かつ大きな額の融資が可能であることから、昔から様々なケースで利用されています。。

債権(さいけん)

債権とは、財産に関して・また他社に対して請求する権利を指します。

資金繰り(しきんぐり)

資金繰りは、資金の調達をはじめ、運用なども含めた「資金のやりくり」を指します。
例えば「資金繰りが苦しい」と使う場合は、資金が用意できていない、資金調達が十分でない等の意味があります。

資金調達(しきんちょうたつ)

資金調達とは、企業が活動・運営を行うために、資金を外部から取得してくることです。
具体的には、出資を受けたり事業融資を利用するなどの方法があります。
また、IPO(株式公開)や、ファクタリングもこの資金調達の手段も含まれます。
なお近年では、クラウドファンディングやイニシャルコインオファリング、個人投資家から資金を集める等の方法に関しても、事業資金の調達に使用されています。

事業資金(じぎょしきん)

事業資金とは、事業を立ち上げたり、事業の運営をするために必要な経費を指します。

手形割引(てがたわりびき)

手形割引は、取引先から渡った「手形」を現金化する手段を指します。
手形割引を利用することにより、資金ショートを回避することができたり、現金を早期調達することが可能です。

必要な知識を揃えたうえで検討を

個人事業主でも2社間ファクタリングが利用できるファクタリング会社がある
ファクタリングは使い方によっては非常にメリットのあるサービスです。
特に、緊急でまとまった現金が必要になるケースでは、最短即日で資金調達が可能なため、とても魅力的な手段と言えます。
有効的な活用をするには、メリット・デメリットを理解し、更にはこのような最低限の知識を把握したうえで、目的に合わせた検討をおすすめします。