損金ってどうやって対応するの?ファクタリング利用時に注意したいポイント

ファクタリングを導入する際に、把握しておきたいのが損金という項目です。
損金というのはファクタリングを利用した時に発生する手数料のことで、この手数料に対して適切な知識を持ってないと、税務処理が円滑にできなくなってしまいます。
ファクタリングを利用する時には必ず手数料が発生するので、損金に対しての知識と、その処理方法を知っておくことが重要です。
今回は、損金をどのように対応すべきなのかについて解説してきます。

ファクタリングと手数料


ファクタリングは売掛債権の早期現金化を図る仕組みのことで、ファクタリング企業に売掛債権を買い取ってもらいます。
ファクタリングを使用することによって、会計処理が煩雑になったり取り扱いが困難になる等のことは基本的にありません。
しかし、損金に対する税金の知識を持っていないと、会計処理が滞ってしまう可能性があります。

ファクタリング企業に売掛金を買い取ってもらうことで現金を資金にできるのですが、この際に手数料の分が引かれるので、手元入る資金は減ってしまいます。
この手数料として引かれた金額が損金に該当します。
ファクタリングは特に近年、多くの企業で資金調達の手段として検討されています。
しかし、損金の取り扱いをしっかりと理解しておかなければ、適切な資金調達をすることは難しいと言えます。

損金の取り扱い方について


まず、ファクタリングサービスを利用した際は、会計上で損金をどのように取り扱いするかを理解する事が非常に重要と言えます。
ファクタリング手数料は、会計上「損金」という項目になり、法人税等に影響を与えることはありません。
このため、税務申告を行う際は、ファクタリングを利用したことに対する書類を特別に作成する等の必要はありません。
一般的には金銭債権の取引は非課税になっているので、消費税も発生しません。
しかし、ファクタリング手続きにおける売掛債権の売却は、課税売上となる点に注意する必要があります。
例えば、ファクタリングを頻繁に利用し続けて課税売上割合が95%以下になると、消費税の控除を受ける事ができなくなってしまいます。
従って、ファクタリング支払いのような非課税売上高があまりに増えてしまうと、消費税の控除に響いてしまう可能性があることは把握しておくべきと言えます。

これらのことをまとめると、

  • ファクタリング手数料は損金として見なされるので法人税には影響しない
  • 税務申告書作成時に特別に何か必要なることはない
  • となることが言えます。
    つまり、ファクタリングを導入した場合、簡単に言えば税務処理には何も影響がないということです。

    税務処理上の大きな問題は起こらない


    ファクタリングを利用する際は、会計処理でファクタリング手数料の損金を算定し、譲渡における対価を非課税としないという点にさえ注意しておけば、特に問題は起こりません。
    企業で会計を担当している方は、損金とファクタリングの関係を明確に把握しておくと便利であると言えます。

    正しい知識をもって有効なファクタリングを

    【ファクタリングは何?】売掛債権の買取サービス
    ファクタリングは迅速にまとまった現金を用意できる、企業負担の少ない資金調達の一つと言えます。
    税務処理や会計処理の知識を身につけて、利用目的に合わせた手段でファクタリングを有効活用するようにしましょう。