ファクタリングでは少額取引が大部分を占める 半数の契約が200万円以下

ファクタリングを平均利用額はあまり高い数字ではなく、実は200万円以下の利用が半分以上を占めています。平均利用額は250万円程度であり、少額取引がファクタリングでは中心的な取引なのです。少額取引が多い理由としては、個人事業主のファクタリング利用が増えているのも要因です。

ファクタリングは少額利用が割と多い取引

ファクタリングは少額利用が割と多く、200万円以下の取引が半分以上に達しています。ファクタリングの多くは大きな売掛金も資金調達に使えると説明していますが、実際には利用している人の半分近くが200万円以下での売掛金を現金化しているのです。少額利用が多くなっている背景には、資金繰りに困っている会社や個人が実施する背景もあります。

大きな取引を考えている法人はほとんどファクタリングを利用しておらず、別のサービスで資金調達を実施しているのです。大半の場合は銀行の融資を受けています。しかし、銀行の融資を受けられない会社や個人にとって、少額でもいいから支払いに充てられるお金を確保したいと考え、ファクタリングを検討する傾向が多くなっています。

ファクタリングを利用する企業や個人は、経営というよりも支払いに困っており、その場しのぎでもいいから資金調達をしたいと考えています。資金調達を簡単に実施してくれるのがファクタリングのいいところであり、即日での現金化も可能です。早くお金を手に入れたいと考えた時、もしくはお金に困って現金をどうしても確保したいと考えた時には、ファクタリングを使ったほうがいいでしょう。

ファクタリングは500万円未満が中心に

現在のファクタリングは、500万円未満の少額取引が中心です。利用している企業が持っている売掛金が多くないため、どうしても高額なファクタリングは増えていません。1000万円以上のファクタリングは10%どころか5%未満という少ない状況であり、大半の企業が500万円程度のファクタリングを中心に使っている傾向があります。

億単位のファクタリングはほとんど実施されていません。多くの企業がすぐにお金を調達したいと考えているため、億単位の売掛金よりも小さい売掛金を優先して売却している背景もあります。その結果、500万円未満のファクタリングが中心となり、少額利用が続いているのです。

ファクタリングの平均利用額は250万円程度

ファクタリングは平均利用額が250万円程度と少額にとどまっています。大きなファクタリングも実施できるようになり、高額な資金確保も期待できるのは間違いありませんが、ファクタリングを利用するのは少額取引が中心となります。その結果、ファクタリングの利用額は250万円程度と少額利用が多くなっています。

平均利用額が増えない理由としては、ファクタリングを利用している企業が持つ売掛金がそこまで大きくないこと、そして大きな売掛金を持っている企業がファクタリングをあまり実施無い傾向があるからです。ファクタリングを利用する企業の多くは、売掛金が少ない中小企業、もしくは資金調達に困っている企業です。売掛金が少ない企業がファクタリングを中心に使っている以上、平均利用額は伸びません。

更に個人事業主がファクタリングを3割程度利用している背景もあります。企業が中心にファクタリングを使っているように思われますが、3割近くが個人事業主のファクタリングなのです。個人事業主も売掛金が少ない傾向にあり、どうしても少額取引が中心になってしまいます。

ファクタリングの平均利用額が伸びない背景には、持っている売掛金が少ない企業が中心に利用しているほか、個人事業主が利用している背景もあり、大きな売掛金がファクタリングで現金化されていない部分もあります。ファクタリングが将来的に更に認められれば大きな企業にも利用される可能性はありますが、現時点では少額利用が中心となるのは仕方ないでしょう。

ファクタリングが少額利用にとどまる背景には資金調達の難しさがある

ファクタリングの平均利用額が少額にとどまっている背景には、現時点で必要なお金を確保したいという思いも関連しています。売掛金から捻出できるお金で経営を何とか続けられればいいという考えもあるため、あまり大きな売掛金を現金化せず、小さいものだけを現金に変えているのです。その結果、ファクタリングの平均利用額は少なくなっています。

また、少額のファクタリングが多くなっている要因に、先ほど紹介した個人事業主や中小企業の利用が多くなっているため、どうしても大きな売掛金がファクタリングされない部分もあります。大きなファクタリングを実施する企業が少ない以上、平均利用額は増えません。それどころか中小企業等で少額利用が中心となり、200万円程度の売掛金が現金に変えられるケースが多くなってしまうのです。

中小企業にとって、銀行からの資金調達はかなり難しい状況が続いており、経営状況によっては断られる場合があります。経営状況が悪く、赤字経営が続いていると銀行からの融資が受けられません。赤字経営の企業にとって、最後の手段として使えるのがファクタリングです。持っている小さい売掛金を売却すれば、何とか経営を続けられる可能性があるのです。

こうした経営を続けようと考えている中小企業を中心にファクタリングが使われているほか、更に個人事業主の利用が増えている以上、なかなかファクタリングの平均利用額は増えません。今後も小さい売掛金が中心にファクタリングを利用される傾向が続き、平均利用額は下がっていく傾向が続くかもしれません。

ファクタリングの平均利用額上昇には認知度も大事

ファクタリングは多くの企業に知られている方法ですが、知名度があまり高いわけではありません。中小企業の中にはファクタリングを知らない企業も多数あり、売掛金を売却して資金調達できると考えていないのです。こうした中小企業の中に、大きなファクタリングができる売掛金が残されていれば、平均利用額が上昇する可能性もあります。

また、大きな企業がファクタリングを実施していくと、平均利用額が増えていきます。大企業が銀行の融資よりもファクタリングがいいと考えてくれると、ファクタリングの平均利用額はさらに増加するでしょう。大企業がファクタリングを使うか、ここが平均利用額を増やすために重要なポイントとなります。

現在認知度はそれなりに高くなっていますが、企業側が本当に利用していいのか迷っている部分もあり、なかなか平均利用額が増えていきません。より高い平均利用額に達するためには、大企業などの利用が必要となるでしょう。そのためにはファクタリング業者の信頼性アップはもちろんのこと、資金調達の手法が銀行だけではないと世間により認知される必要があります。

ファクタリングは少額利用が中心!今後もしばらく傾向は変わらない

現在のファクタリングは少額利用が中心で、今後しばらくは平均利用額が小さい傾向が続くでしょう。傾向が変わるとすれば、大企業が積極的にファクタリングを使ってくれる場合だけです。ただ、その傾向は当面生まれないため、しばらくは小さいファクタリングが中心となります。

ファクタリング業者としても少額利用が中心だとわかって行動しています。最近では100万円未満のファクタリングも積極的に実施する会社が増えており、より小さい売掛金にも対応するようになりました。

個人事業主や中小企業など、経営に困った場面を助けるために少額のファクタリングが今後も中心に使われていくでしょう。