ファクタリングでも利率に従って利息が発生することがある?

ファクタリングとは主に中小企業が所有する売掛金などの債権をファクタリング会社に買い取りをしてもらい、期日より先に現金化することによって資金を賄う手段です。
ファクタリング会社が買い取った売掛金の代金が、もし期日に支払われずに決済できないという場合でも、そのリスクは利用者ではなくファクタリング会社が負うことになります。
従って売掛債権を買い取りしてもらった後は、その後の責任を利用者が追及されることはありません。
このようなファクタリングの種類を、ノンリコースファクタリングと呼びます。
ファクタリングは融資ではないので、利用会社がファクタリング会社へ支払う費用は利息ではなく「手数料」になります。
ただし、ファクタリングでもその内容や条件によっては利息が発生するものも例外として存在します。
今回は、その利息の内容について解説していきます。

「ノン」が付かない「リコースファクタリング」とは


ノンリコースファクタリングという名称の意味は、「リコース」が償還や2次請求を意味し、それを否定する意味で「ノン」が頭についています。
これは、遡って2次請求等を負わなくてもいいという意味です。
しかし、中には「ノン」が頭に付かない「リコースファクタリング」もあります。
これは銀行等が扱うファクタリングに多く、もし銀行が買い取った売掛金の決済を履行できなかった場合、「買い戻し特約」等の特約が付いているため、買い戻しをする必要があります。
発生するリスクは、売掛債権を売却する側が負うことになるため、売掛金を買い取る銀行等はリスクを負わない契約になります。
更にリコースファクタリングにおける契約には、前述のような特約が付いているため、売掛債権を譲渡するというよりは、売掛金を担保にして、融資を受けるとみなされています。

融資とみなされれば利率に従った利息が発生


融資であればファクタリングであったとしても、発生する金額は手数料ではなく「利息」とみなされることになります。
利息を計算するうえで適用となる利率は、利息制限法に基づき、元本が100万円以上であれば年率15%の上限をもとに金利が発生します。
審査の内容も融資を受ける場合と殆ど変わらないため、利用ができる方は限定されるケースが多くなります。

利用しやすいのはノンリコースファクタリング


ノンリコースファクタリングで審査の対象となるのは、ファクタリングの利用者ではなく、売掛先の信用性等になるため、経営状況が安定していない場合でも利用が易しくなっています。
また、ファクタリング会社に支払いを行うべき費用は、利息ではなく手数料に分類されます。
ノンリコースファクタリングは融資等には該当せず、債権の売買によって成り立つ取引になります。
そのため、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらう際にも、債権譲渡契約を締結することになり、融資等で締結される金銭消費貸借契約とは異なる内容になります。

効率のよい資金調達を


このように、資金調達の方法の中にも様々な手法があります。
しかし、正当な知識を持ってファクタリングを行えば得られるメリットは大きく、一時的な資金調達を速やかに行う為の効率的な手段と言えます。
利用目的に合わせ、事前に情報をしっかりと確認してから、有効な手段を選択しましょう。