国際ファクタリングの仕組みを詳しく解説

輸出取引の代金回収業務を滞りなく行える仕組みとして、国際ファクタリングに注目が集まっています。
輸出業関係の人にとって代金の回収は重要な部分ですが、海外とのやり取りに時間がかかってしまったり、日本と海外では商取引の習慣が異なるので、問題点も多く発生しています。
そんな輸出業者の悩みを解決してくれるのが、国際ファクタリングです。
国際ファクタリングを活用することで、海外の販売先に対しての売掛債権を、ファクタリング会社に保証してもらうことが可能です。
国債ファクタリングを上手く活用すれば、海外企業が取引相手であっても非常に便利に、そして安心して代金回収を行うことが可能になります。
今回は、そのような背景や仕組みについて解説していきます。

国際ファクタリングの概要


輸出取引における代金回収業務を確実に行えるのが国際ファクタリングです。
元々は取消不能信用状や保証状を用いて輸出国の輸出貿易保険等を利用するのが一般的な手法でした。
しかし取引が煩雑であり、そのうえ長期間を要する為に、輸入業者の信用リスクを避ける場合はファクタリングを活用するという新しい選択肢が誕生したのです。
輸出業者はファクタリング業者から売掛債権分の代金を必ず回収することが可能になり、安全な国際的商取引を行うことが可能です。
このサービスは、全世界のファクタリング会社が連携し、情報を密にすることによって働いているという背景があります。
よって、日本では大手銀行系列のファクタリング会社しかサービスを提供することができないため、利用可能な国には制限があり、比較的大口の取引のみと限定されています。

仕組み


国際ファクタリングは、ファクタリング会社に手数料の支払いを行い、もし輸入業者が支払いをしなかった場合に、ファクタリング会社が保証するという仕組みです。
つまり、ファクタリング会社に債権の回収を「委託」している形になります。
輸入業者は、予め輸出業者と取り決めをした期日までに、別の取引にかかる代金をファクタリング会社が指定する金融機関へ支払いをします。
ファクタリング会社は支払いを確認したら、売掛債権の額面と債権譲渡にかかる手数料を差し引いて、輸出業者に支払いを行います。
双方がファクタリング企業を間に介在させる形で取引を行うため、効率的且つスムーズに手続きが実施されるという仕組みです。

そもそも輸出業が抱える問題点とは


海外輸出業の場合、取引相手の信用情報が国内の取引と比べて入手しにくいというハードルがあるため、相手の支払い能力を見極めることは難しく、貸し倒れリスクを正確に判断できことが問題になっています。
これは、十分に取引相手の信用リスクを把握できない中小企業や小規模事業者において顕著な傾向であると言えます。
そのため、債権管理や回収にかかるリスクを、どのようにリスクヘッジするかが重要な課題として挙がっていました。
その結果、国際的な取引をするケースでは国内外のファクタリング会社を有効活用し、海外取引先との安定性を必要としたという背景があります。

輸出業にはありがたい資金調達に


今回は、国際ファクタリングの仕組みや内容について述べました。
どのような業種も同じですが、事業の利用目的に合わせたファクタリングサービスが、非常に有効な資金調達の手段となります。
どのような準備と対応が必要なのかを事前に確認し、最適な資金調達手段を検討しましょう。