ネットショップ業がファクタリングをする理由とメリット

昨今ではスマホの普及率が80%以上にもなり、いつでもインターネットで買い物ができる時代になりました。
百貨店や商店もネットショップ業界に進出するなど、その人気は今後も続くことが予想されます。

しかし、ネットショップのような急成長を続けるインターネット通販業でも資金ショートが起こっています。
今回は、ネットショップ業でファクタリングが必要になる理由と、ファクタリングを活用するメリットについてご紹介していきます。

ネットショップ業で資金繰りが必要になる理由


ネットショップのようなインターネット通販業は、広告宣伝費に大きな費用がかかるという特徴があります。
実際の店舗ではきれいに並べられた商品があれば手に取りたくなります。
しかし、インターネット上では商品を網羅的に見せることができないので、お客さんがお目当ての商品をすぐ見つけられるように、広告宣伝費に費用をかけます。

更に、売上が発生する前に、仕入や発送費、商品管理費なども必要になります。
これらの費用は収益が発生する前にかかるので、売上を伸ばし続けるには継続的に販売促進活動を行う必要があります。

さらにネットショップ業では、商品を売り上げても顧客からその場で直接対価を受け取れるわけではありません。
多くの場合は、クレジットカード決済やコンビニ決済、代引き引き換え、銀行振込など様々な支払方法が選択されます。
そのため、手元に収益が発生するまでには短くて1週間、お客さんが後払いを選択した場合は長くて2か月という時間を要するケースも発生します。

このように、高額な先行投資を継続する必要があることと、支払期日と入金期日にずれが生じることから、資金ショートが起きる可能性が出てきます。
こういった背景により、ネットショップ業でもファクタリングが活用されています。

ネットショップ業でファクタリングを取り入れるメリット


ネットショップ業が抱える資金ショートの問題は、仕入や在庫管理費だけでなく広告宣伝費や送料にも大きな費用がかかるということです。
そして、それに対して支払い方法がコンビニ後払いやクレジット決済なので、入金までに時間を要するということが問題です。

入金が遅いと先行投資にかける資金がどんどん無くなり、仕入ができなくなったり、在庫の管理費が払えなくなるなど、結果的に売上が落ちてしまうことに繋がります。
よって、現状である程度の売上がある場合でも、できるだけ早く金銭債権を資金化した方がよいと言えます。

そこで有効なのがファクタリングです。
広告宣伝費が必要なら債権を譲渡して資金調達することが可能です。
また、在庫が無くならないならファクタリング会社に相談して在庫の買取も行ってくれます。

無駄な費用を省きながら必要な資金を補うことができるので、将来的に資金繰りを解決することができます。
そして、資金に余裕ができれば、更にに事業展開していくことも可能です。

このように、ネットショップ業は常に先出しでコストが発生することにより、資金繰りに悩まされています。
しかし、ファクタリングを利用することによりそれらを解決できるので、ネットショップ業でもファクタリングは効率のいい選択肢として活用されています。

ネットショップの財政危機はファクタリングで乗り切る

【ファクタリングは何?】売掛債権の買取サービス
せどりや無在庫商法を行うネットショップも多く存在しますが、有店舗でネット販売も行うようなネットショップの場合、資金力がなければ仕入れすらままならなくなってしまします。クレジット決済が基本となるため、信販会社からの入金があるまでは見込み売り上げでしかなく、黒字倒産の危機に直面している状態になります。

どうしても入金タイミングまで耐えられないという場合は、ファクタリングという選択肢があることを思い出してください。