貸借対照表に傷はつかない!ファクタリングは信頼できる金策!

債務整理今まで色々な手を尽くして事業を営んできたものの、手形や有志で乗り越えてきた経緯があれば「貸借対照表」が気になるはずです。負債の部が埋められていくことは大変不安で、ストレスで気が気ではなくなります。

だからこそ利用すべきなのがファクタリングなのです。

信用情報に傷をつけずに、上手に金策するならば他の方法を試すよりもファクタリングに臨みましょう。

なぜ貸借対照表に傷がつかない?信用情報が守れる理由は?

通常、事業が上手くいかずに金策に走った結果、信用情報に傷がつくのが一般的です。最終的には債務整理で立て直していくか、破産することで官報に情報が載ってしまう事態に陥ります。当然、その後あなたに降りかかる責任はとても重大で、通常の非事業者による自己破産よりも手間や時間がかかります。
再度ビジネスを起こそうとした場合には、信用情報に傷がついた状態での再出発となるため、簡単な話ではなくなってしまいます。

ファクタリングで金策を賄った場合、取引で手に入れたお金は全て「資産」として計上されます。
一切の負債を背負わず、まとまった資金を手にすることができるサービスなのです。

負債ではなく資産だけが増える金融システムがファクタリングであり、健全な金策として存在しているのです。

事業者以外はファクタリングできない

残念ながら、ファクタリングを利用できるのは事業者だけである事実を知っておいてください。個人事業主には利用できますが、雇用されている非事業者では利用できません。

その理由は「売掛債権を発行できない」という、売買素材を持っていないという理由です。買い取ってもらう売掛債権がなければ、あなた自身の信用度に対する出資となるため「融資」という形になってしまうのです。

非事業者で使えるファクタリングは本当にない?

非事業者の持つ債権というのは、負債以外に発生しません。そのため、どれだけ努力したとしてもファクタリングの利用は決して叶わぬ夢です。

話題の給与ファクタリングですが、給与自体は決して債権ではありません。
そのため、メガバンクなどの正規のファクタリング業者は参入していません。

雇用されている状態で売掛債権を発行している場合、委託業務であるか外注作業員である可能性があるため、あなた自身の立ち位置を見直すことをおすすめします。

借金を背負わず無傷で事業を回したいならファクタリング一択

そもそも資金繰りに困らない事業展開が理想ですが、何があるかわからないのが事業というものです。取引先が潰れてしまうこともあれば、支払いタイミングが遅れることもよくあることです。

そんな不足の事態に対応してくれるのがファクタリングです。

貸借対照表にも傷がつかず、信用情報も汚れない最良の資金調達法。それがファクタリングです。