何度もファクタリングを利用経験がある人へ 考えて欲しい3つのこと

ファクタリングを頻繁に利用していると、気にしなければならないポイントが3つあります。頻繁にファクタリングを使っていると、確かに資金調達はかなり実施しやすいのですが、他に失っている何かが存在する場合もあります。ファクタリングを頻繁に利用しているなら、気にすべきポイントをしっかり理解し、改善していく必要があるでしょう。

特にファクタリングは手数料や売掛先の問題をしっかりと改善しなければなりません。改善されない場合はファクタリングで損をする恐れもあるのです。安定した経営のためには、気になる点を改善しながらファクタリングを続けていく必要があります。

ファクタリングを頻繁に利用すると気になる3つのポイント

ファクタリングを頻繁に利用している企業には、3つのポイントを考えてもらい、改善できるなら改善したほうがいいかもしれません。その3つというのは以下の通りです。

・経営状況が改善されているのか
・銀行の融資を受けられるなら受けるべきなのか
・売掛先との関係は大丈夫なのか

以上の3つは考えたほうがいいポイントです。頻繁にファクタリングを利用していると、知らないうちに悪化しているポイントもあります。また、経営状況の改善等が図られているようなら、別の方法で融資を受けるなどの対策も考えたほうがいいでしょう。

ここからは考えてほしい3つのポイントについて詳しく説明します。

経営状況が改善されているのか

ファクタリングによって経営状況が改善されているか、しっかり確認したほうがいいでしょう。経営状況の改善が図られているようなら、問題なく経営は続けられると判断できます。一方で経営状況が改善していない場合、ファクタリング以外の融資が受けられず、ジリ貧の経営を続ける可能性もあるのです。

ファクタリングは資金調達に苦労している企業が利用する傾向にあり、多くの企業は経営状況に大きな不安を抱えています。中には銀行からすでに融資を受けられないほど、経営状況が悪化している場合もあります。企業は経営状況の改善を図るための資金調達にファクタリングを採用し、実際に売掛金を売却してお金に変えているのです。

しかし、経営状況が劇的に改善していない、もしくは経営状況がさらに悪化しているようなら、これ以上の経営は難しいと考える必要もあるでしょう。このまま経営を続けるべきなのか、それとも倒産や民事再生法を適用するなどの方針を取るべきなのか、しっかりと考える必要もあるでしょう。もしファクタリングを続けても経営を改善できないなら方針は変えたほうがいいのです。

安定した経営ができるようになれば、ファクタリングの効果はしっかり得られたと判断できます。しかし、ファクタリングによって経営状況を改善できないなら、考え直して新しい方針を取ったほうが賢明なのです。頻繁にファクタリングを使っているなら、その効果が企業の経営状況に反映されているか見直してみましょう。

銀行の融資を受けられるなら受けるべきなのか

ファクタリングによって経営状況を改善させた場合、銀行から融資を受けられる状況が生まれているはずです。もし頻繁にファクタリングを使っているなら、銀行の融資を受けられる状況かしっかりと考えてください。ファクタリングはいいサービスですが、銀行の融資が受けられるなら融資を受けたほうがいい場面もあります。

ファクタリングの弱点は大きな融資に対応しづらい点や、大きな融資になると手数料が大きすぎる問題を抱えている点です。特に1000万円を超える融資の場合、ファクタリングだと手数料がかなり大きくなり、手数料だけで資金の一部を失っている可能性もあります。頻繁にファクタリングを使うと、他の融資を考えづらくなり、他の融資で得をしていることに気づかないのです。

融資を受けられるなら融資を受けたほうがいいのは間違いありません。銀行の融資を受けられるようになれば、経営状況は劇的に改善したといえますし、売掛先からも経営状況が改善していると判断され、より仕事を取りやすくなるかもしれません。融資を受けて更なる事業展開や経営の安定化を図れば、更なる利益を生み出す場合もあります。

頻繁にファクタリングを使っていると、他の融資を考えられなくなる場合もあります。経営状況が改善したのであれば、もう1度原点に戻って融資という選択も考えたほうがいいのです。ファクタリングはいいサービスですが、安定した経営状況が作られた後は別の融資を検討すべきでしょう。

売掛先との関係は大丈夫なのか

3つ目のポイントは売掛先との関係性です。2社間ファクタリングを利用しているから別に問題ないと感じるかもしれませんが、2社間ファクタリングでも関係性を悪化させる場合もあるのです。特にファクタリングについて隠していたものの、何らかの会話中にファクタリングを使ったと話してしまうと、劇的に関係の悪化が起きる可能性もあります。

ファクタリングを頻繁に利用していると、隠さなければならない部分を忘れてしまい、売掛先にファクタリングについて勝手に話してしまう社員がいるかもしれません。またファクタリングをしている情報が何らかの形で企業内から漏れるなどの問題が起きると、ファクタリングの事実に気づかれる恐れもあります。こうした漏れた情報で売掛先との関係悪化が生じる場合もあります。

売掛先との関係はとても重要で、今後も安定した関係を続ける必要があります。安定した関係を続けるためにも、ファクタリングを利用している事実を隠し続ける、もしくは3社間のファクタリングに切り替えて理解を得られるような対策が必要です。特に3社間ファクタリングの場合、手数料削減に繋がるメリットもあり、より安定した資金調達が期待できます。

売掛先との関係が悪化すると、仕事が得られなくなってしまい、売掛金も入らなくなります。売掛金が入らなくなるとどんどん厳しい状況に追い込まれてしまうため、ファクタリングをこのまま続けるべきかも判断してしっかり考えてください。関係性を良好な状態で保ち続け、経営状況の安定化を図るように心がけましょう。

考えるべきポイントをしっかり検討して方針も変えよう

ファクタリングを使い続ける方法なら、資金調達のスピードは確保されます。しかし、いつまでもファクタリングを続けられない状況もやってきます。考えるべきポイントをしっかり検討すると同時に、経営状況の安定が確保されればファクタリングの方針も変えたほうがいいでしょう。

便利なサービスであるファクタリングですが、延々と使い続けるべきか慎重に考えたほうがいいでしょう。特に手数料の高さという部分が高額な資金調達に影響しています。資金調達で更に多くのお金を得たいと思っているなら、銀行の融資なども検討してください。

ファクタリングは長く使い続けるほど色々な考えが必要に

経営状況の改善に役立つファクタリングですが、長く使い続けていると色々な課題も見えてきます。同時に頻繁にファクタリングを使い続けると、銀行の融資や経営状況の把握が難しくなる恐れもあります。より安定する経営状況を作るために、しっかりと状況把握をしておきましょう。

色々な考えを持ちつつ、経営状況の改善ができればファクタリングから融資に切り替えるなどの方針も検討してください。常にファクタリングというわけではなく、状況に応じて融資などを取り入れて経営の安定化を図っていくのです。