ファクタリングには一切の違法性がないという証明

ヤミ金や消費者金融と混同されてしまうファクタリングですが、実際には全く異なる性質の金融商品です。
しかも、本来はありえないはずの利息や返済の要求が来るという詐欺行為まで横行してしまうことで、ファクタリングは危険な取引だと勘違いされてしまっているのです。

ファクタリングは、古くから世界中で行われてきた由緒正しい資金調達方法なのです。
その正当性を証明していきます。

ファクタリングが合法な理由

「ファクタリングには違法性がありません。」と言われても、多くの詐欺被害などがインターネット上でも騒がれてしまうことで信憑性に欠けてしまいます。
しかし、本当にファクタリングには違法性がないのです。

その証拠に、ファクタリングの取引形態は【売買取引】しか存在していません。
貸付利息や担保保証などの請求がないことで、貸金業法も抵触していないのです。

ファクタリングに存在するのは、早期現金化に対するファクタリング手数料のみであり、他に請求を受けるものは一切ないのです。
仮にファクタリング会社を装うヤミ金であれば、月々の返済期日や利息について持ち掛けてくるので、絶対に契約しないよう注意してください。

売掛債権に対する担保保証もする必要はありません。
万が一取引会社が倒産してしまい売掛債権の支払いがなされなかった場合、利用者はファクタリングで得た資金を返済する義務はないのです。
ファクタリング会社の責任において処理されるべき問題ですので、利用者は何も関わらないようにしましょう。

ファクタリングが合法という証明

ファクタリングは、民法によってその正当性が定められています。

  • 民法555条「売買契約」

「売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる」(民法555条)

この条文の通り、利用者が売掛債権の権利をファクタリング会社に譲渡し、ファクタリング会社は購入代金を利用者に支払うことで完了する契約なのです。
購入代金に関しては、売掛債権に対し独自の手数料を差し引いた金額となるため、ファクタリング会社によって多少の価格変動はありますが、この他に何も発生することはありません。

この555条は「2社間ファクタリング 」と「3社間ファクタリング 」の両方に適用される法律です。

ファクタリングする際に注意しなければならない法律

ファクタリングは債権譲渡という形で認識されるため、ここに関わる民法には注意しなければなりません。

  • 民法466条「債権の譲渡性」

「債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。」
「前項の規定は、当事者が反対の意思を表示した場合には、適用しない。ただし、その意思表示は、善意の第三者に対抗することができない。」(民法466条)

この2文によると、債権の譲渡は利用者とファクタリング会社のみで行えるということになります。つまり、2社間ファクタリング の正当性の証明が、この466条の内容で証明されるのです。

しかし、譲渡の重複に関して定めている部分がなく、二重譲渡の禁止を指定していないのです。
この466条だけを鵜呑みにしてしまうと、悪用する利用者が多発してしまうため、しっかりと対抗措置もされています。

  • 民法467条「指名債権の譲渡の対抗要件」

「指名債権の譲渡は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。」
「前項の通知又は承諾は、確定日付のある証書によってしなければ、債務者以外の第三者に対抗することができない。」

この467条があることで二重譲渡は禁止されているので、間違っても一つの売掛債権を複数のファクタリング会社に使い回さないで下さい。

さらに注意しておきたいファクタリングポイント

ファクタリングで資金調達する場合、基本的に売掛債権を分割譲渡することはできないことを覚えておいてください。
例えば100万円の売掛債権に対し、下のような買取をするとします。

売掛債権額:100万円
入金額:50万円
手数料:10万円
総支払額:60万円

100万円に対し40万円が不明金として紛失している状況です。
この場合、40万円は「担保」として見做されてしまい、違法性の高い貸付であると判断されてしまうのです。

売掛債権を譲渡する場合、その債権額の全体を取引することになります。つまり、100万円に対しては100万円での取引を行うということです。
100万円に対する手数料が10万円である場合、入金額が90万円でなければファクタリングとして売買契約を行ったものとは判断されず、上で挙げたような状態での取引となると、売上債権担保融資という貸付に該当してしまうのです。

法律で守られているファクタリングは合法な取引

ファクタリングは「売買取引」です。
ここが全ての基本であり、不変条件になるのです。

融資ではないため、いちいち面倒な金利の計算や返済計画なども考えないで良いのです。
売り切り売りっぱなしの取引であるため、その後のトラブルは一切関知する必要もありません。
全てはファクタリング会社が全ての責任を負ってくれます。

利用者にとって、これほど素晴らしい早期資金調達法は存在しません。
安心してファクタリングを利用してください。