ファクタリングに向いている業種一覧とその理由

ファクタリングを検討する際に、業種によっては効率的なケースもありますが、反面、ファクタリングに相性が良くない業種もあります。
ファクタリングは継続的な利用の予定がなくても、資金と時間に余裕がれば、一度導入をしてみると今後緊急で現金が必要になった際に役立つかもしれません。
今回は、ファクタリングの利用において相性の良い業種と、その理由について解説していきます

介護・医療業界

ファクタリング時事問題として医療ファクタリングが取り上げられた理由
介護業はファクタリングと相性が良いと言えます。
国民保険団体連合会に対して請求を行う介護保険給付金を、ファクタリングで活用することによって、入金前に受けとることが可能になります。
通常、介護報酬は、請求してから入金されるまでにおおよそ2カ月の時間がかかります。
その期間を短縮する目的でファクタリングを利用し、新たな人材獲得の費用や物品購入に充てることもできます。

また、介護業界でのファクタリングの場合、ファクタリング利用手数料が相場に比べて安いことが特徴です。
これは、リスクも考えられる一般企業の債権と比べ、国保連からの入金がされないという保証があるからです。

ゼネコン業界や建設業界


ゼネコンや建設業も、ファクタリングの利用機会が多い業種です。
このような業種は一つ一つの案件規模が大きく、また天候にも左右される職種です。
大きな案件を受けたものの、天候の悪化により進捗が進まず資金繰りに悪影響が出てしまうケースが少なくありません。

また、ゼネコンや建設業などの比較的古い業界では、ファクタリングを利用していることの風評によって、信用を下げてしまうという可能性もあります。
そうした部分がネックになる場合には、手数料は高くなりますが2者間ファクタリングを利用することで売掛先には通知されることなく、売掛金を早期に現金化することができます。

IT業界


ゼネコンや建設業と同様に、IT業界でも大口の案件を受注したものの、予定の納期までに納品することができず、入金が遅れてしまい資金ショートに陥ってしまうことが考えられます。
IT業界では、特に起業して間もない会社の場合だと、人材獲得の人件費や広告費への投入などの用途として、手元に多くの資金があることが武器になります。
大きな成長が見込めるビジネスであれば、ファクタリングは企業発展の手助けになることが考えられます。

アパレル業界


アパレル業界もファクタリングに向いている業種だということが言えます。
仕入れから販売まで時間を要することになり、多くの在庫を抱える必要のある職種のため、実際の経営状況は売上が出ていても、一時的に資金繰りが悪くなってしまうようなことが起こります。

季節毎に必要な資金が変動することもアパレル業界の特徴です。
セールに合わせて大量に商品を入荷したものの、売れ残って大量の在庫を抱えてしまったという場合では、資金繰りが悪化し、次の経営戦略も打ちづらいという特徴があります。
こうした状況でも、ファクタリングが役に立つことが考えられます。

業種にも向き不向きがある


今回は4つの業種を挙げましたが、この他にもネット販売業や運送業等でもファクタリングは多く利用されています。
事業の特性によって向き不向きがあるだけでなく、どのような状況で利用するかも重要になってくるため、ファクタリングを検討する際はその点も考慮して検討することが大事になると言えます。