今更聞けない!「ファクタリング」という資金調達で使う言葉の意味とは

ファクタリングは近年中小企業等を中心にで資金調達の手段として注目が集まっているサービスですが、その言葉の意味はご存知でしょうか。
古くからファクタリングが存在していたことはわかっていても、言葉の由来までは知らなかったり、そこまで考えたことはないという方が多いと思います。
今回は、この「ファクタリング」という言葉がどのような意味を持つのか、そしてその仕組みと名称の由来について説明します。

ファクターからの派生


ファクタリング、英語でfactoringという言葉は、ファクター(factor)から派生されたと言われています。
factorはもともと因子や要素等の意味を持っており、仲買人等の意味でも使われている言葉です。
ファクタリングは、所有する「売掛債権を売却して現金化する」資金調達方法です。そのため、代理商という意味で名付けられたと考えられています。

サービス概要


ファクタリングには例えば国際ファクタリング、買取ファクタリングなど多様な種類があります。仕組みとしては、ファクタリング会社が売掛債権を買取ることで現金化されるというシンプルなものです。

売却した事業者が資金を調達できる仕組みは、「買取ファクタリング」というものです。
売掛債権とは売上代金をまだ回収していない相手方に、請求できる権利です。第三者へ自由に譲渡することが可能である資産になります。
日本では古くから、先に商品の販売・サービスの提供を行い、代金は後で請求するという掛け取引が一般的です。
この掛け取引において生じるのが売掛債権であり、売掛債権を現金に換えてしまう仕組みが買取ファクタリングです。

売掛債権の種類


売掛債権には受取手形や売掛金といった種類がありますが、ファクタリングで買取対象となる、資金調達のもとは手形ではなく売掛金です。

「売掛債権」という言葉よりも、売掛金のほうが会計処理においてもしばしば登場するため事務職の方などにも馴染みが深いと思います。
この売掛金は「売掛債権」の1つであるため、言葉の意味はほとんど同じになります。

同じ売掛債権の種類でも、受取手形を売却して現金化するために用いられる手段には「手形割引」等があります。しかしこちらはファクタリングとはまた別物となり、融資という扱いになる点に注意が必要です。
ただし、どのような場合でも、この売掛債権は支払スパンが長めに設定されている場合には、のちのち資金不足に陥りやすいリスクが生じる可能性があります。ですから注意が必要と言えます。

資金繰りの改善に役立つ手段


ファクタリングの中でも買取ファクタリングは、売掛債権を期日よりも先に現金化したいという場合に利用することが一般的な資金調達の方法です。
銀行などの金融機関から融資として借入する場合と比較した時、必要書類も簡易的かつ審査も柔軟です。更に最短で即日の現金化など、対応が素早いことが大きなメリットであり特徴と言えます。
昨今では様々な利用シーンでの機会が多く、業種問わず人気を集めている資金調達方法です。
特性を理解すれば効率的な資金調達手段になることも多々あるため、資金繰りの改善が見込めるファクタリングを検討してみるのも手ではないでしょうか。