ファクタリングにおける成功例【医療介護業】

病院や調剤薬局など、医療介護業界には誰しもが日ごろからお世話になっているのではないでしょうか。
その医療介護業界でも、近年ファクタリングが多く利用されるケースがあります。
今回は、医療介護業でファクタリングが活用されている理由と、その成功例を紹介していきます。

医療介護業でファクタリングが検討されている理由
ファクタリング時事問題として医療ファクタリングが取り上げられた理由
医療介護業で資金調達の悩みを抱えているということはあまり想像できないかもしれませんが、実際の資金繰り状況はどうなのどうでしょうか。
例えばクリニックや病院の場合、優秀なお医者さんを雇用することによって高度な医療サービスを提供できるので、それだけ高額な報酬、つまり人件費を支払わなければなりません。
また、高度な医療サービスを提供するためには、高額な医療機器を揃える必要も出てきます。
特に、MRIのような値段が張る医療機器は、それだけで数億円程度のコスチがかかることになるため、その購入資金を用意するためにも資金調達は非常に重要と言えます。

更に、医療介護業界では、医療機関が報酬を受け取れるのは公的機関からの後払いになってしまうという特徴もあります。
例えば医療期間で10,000円の診療代が生じた場合、窓口で患者さん支払うの料金は1,000~3,000円程度です。
その他の金額は診療・介護報酬債権となり、後日、公的機関から支払われることになります。
つまり医療介護業では、サービスの提供と対価の支払いが同じタイミングでは起こらないのです。

このような理由から医療介護業では資金繰りが困難になるケースがあり、それが悪化すると資金がショートしてしまうのです。
金融機関から融資を受ける手段もありますが、審査結果が出るまでどうしても時間がかかることがネックになります。
急にお金が必要になった際には、医療介護業でもファクタリングが資金繰りにとても有効な方法と言えます。

医療介護業でのファクタリングを利用した成功事例

介護事業を始めてから、設備投資のコストが思った以上にかかってしまった会社がありました。
事業を進めるうちに資金繰りはどんどん悪化し、自転車操業のような経営状態となってしまっていました。

ビジネスモデルとしては利益が出るようになっていたので特に問題なかったのですが、介護報酬を受け取る時期が後ろにずれ込んでいることから、資金繰りが安定せずに円滑でないことがわかりました。

そこで、銀行からの融資を検討してみましたが、経営状態の悪化が要因で、融資を受けることはできませんでした。
銀行からの融資は断られたものの、一時的な資金繰りができれば改善に繋がることが分かったので、ファクタリングの導入を選択しました。

しかもファクタリングは融資とは異なり、自社が持っている債権をファクタリング会社に譲渡するだけの手続きになります。
つまり、会社の財政状態や経営成績に悪い影響を及ぼすようなことはありません。
結果として、数か月で資金繰りは改善され、経営が順調に進むようになった会社がありました。

このように、一時的な資金繰りが可能になればその後の事業が改善されるケースもあります。
医療介護業においても、ファクタリングは有効な手段の一つになっています。